スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】残飯ぺラップ【育成論】



ぺラップ@残飯
特性:するどい目
性格:臆病
個体値:31-x-31-31-31-31

調整案①
努力値:76-x-4-172-4-252
実数値:161-x-66-134-63-157
*H16n+1
*A200ハッサムの珠バレットパンチ耐え
*S最速

調整案②
努力値:76-x-76-100-4-252
実数値:161-x-75-125-63-157
*H16n+1
*A200ハッサムの鉢巻バレットパンチ耐え
*S最速

確定技:おしゃべり 身代わり ばくおんぱ
候補:わるだくみ アンコール (ねっぷう)


ダメージ計算

調整案①の場合
*183-106ガブリアスがおしゃべりで確定4
*同上が1積みばくおんぱで確定1
*181-120メガガルーラが1積みばくおんぱで高乱数1
(81.3%)
*227-150クレセリアが2積みばくおんぱで中乱数1(56.3%)
*181-184ナットレイがねっぷうで確定2

調整案②の場合
*183-106ガブリアスがおしゃべりで乱数4
*同上が1積みばくおんぱで確定1
*181-120メガガルーラが1積みばくおんぱで中乱数1
(43.8%)
*227-150クレセリアが2積みばくおんぱで低乱数1(18.8%)
*181-184ナットレイがねっぷうで確定2



XY発売以降、レート上位の方が使っていたのを知って興味があったので育成してみました。

混乱の追加効果があるおしゃべり、一致高威力のばくおんぱアンコールわるだくみ等の
多彩な補助技に特性「するどい目」で回避系の積み技を使ってくる相手にも強い。更に音技が
身代わりを貫通するのも評価できます。つまりは低種族値なら混乱で運ゲー仕掛ければいい、
そんな感じのポコモン。

今回の型は見てわかる通り、混乱を利用しつつ身代わりを維持して全抜きしていく、スタンスです。
運用方法はいばみがボルトに似ていますが、こちらはダメージと混乱が1ターンで両立できるのが美点。
ただし、低耐久ゆえに素早さで勝っている相手でないと厳しいです。連続攻撃使いのメガガルーラや
パルシェンなどにも弱い。

紙耐久ではありますが先制技に耐性をつけたかったので上記の配分になりました。それにこだわらなければ
調整案①のBDの4をCに回してください。それでもA200ハッサムの珠バレパンは最低乱数以外で耐えられます。

メインウェポンはおしゃべりですが火力が心もとないのでばくおんぱをフィニッシュ技と考えてます。
ORASの教え技で熱風もアリかなと。機会さえあれば足りない数値は悪巧みで補強できます。

実際にランダムマッチで回してみた感想はというと、ライコウや、ライボルトあたりの電気単タイプと
組ませたりするのが良い感じでした。あとは地震+どくどくしかないポイヒグライオン(Not最速)が
絶好のカモでした。

パターンに嵌ると強い典型的なポコモンの一種ですね。
スポンサーサイト

ORASでの教え技について

数日前に体験版から解析された教え技が発表されたようなので気がついた点などをちょいと考察。

情報源は『POKEMON-TIMES』様より抜粋させて頂いておりますm(_ _)m


グループ1:


むしくい 
ほしがる 
いかりのまえば 
ダブルチョップ
シグナルビーム 
アイアンヘッド 
たねばくだん
ドリルライナー 
とびはねる 
けたぐり 
ダストシュート
さわぐ 
かみなりパンチ 
ほのおのパンチ 
れいとうパンチ

グループ2:

マジックコート 
とおせんぼう 
だいちのちから 
イカサマ
じゅうりょく 
でんじふゆう 
てっぺき 
とっておき 
ばかぢから
エレキネット 
こごえるかぜ 
アクアテール 
あくのはどう
しねんのずつき 
りゅうのはどう 
ハイパーボイス 
アイアンテール

グループ3:

しめつける 
いびき 
はたきおとす 
こうごうせい 
ねっぷう
なりきり 
いやしのすず 
おいかぜ 
ゴッドバード
いたみわけ 
ギガドレイン 
ドレインパンチ 
エアカッター
きあいパンチ 
でんげきは 
みずのはどう


グループ4:

いえき 
なやみのタネ 
うらみ 
おさきにどうぞ
てだすけ 
トリック 
マジックルーム 
ワンダールーム
がむしゃら 
げきりん 
リサイクル 
よこどり
ステルスロック 
ねごと 
スキルスワップ



ほとんどが前作BW2の教え技にあったものです。

でもよく見たら4世代の教えわざと技マシンからエアカッターきあいパンチでんげきはみずのはどう
新たに追加されていますね。最後の2つはともかくエアカッターと気合パンチは嬉しいチョイス。

ORASではレート環境で過去作の個体が使えなくなるそうなのでORASリーグの個体にはこれらの習得は
重要になってきますね。

欲を言えば、電撃波&水の波動よりは不意打ち真空波原始の力種マシンガン雪なだれ自然の恵みなどの
教え技が欲しかったです…;;

技マシンリストはまだ不明ですが捨て身タックル地球投げがあれば、3世代(元祖)で入手難易度が高かった
捨て身ケンタロスや投げガルーラが作れるようになるので今後の情報に期待したいですね。


しかし相変わらず、しめつけるやいびき、うらみなど需要がなさそうな技を別のに変えて欲しいと思うのは
自分だけでしょうか…?

【シングル】眼鏡ライコウ【育成論】



ライコウ@こだわりメガネ
特性:プレッシャー
性格:臆病
個体値:31-x-30-31-31-31

調整案①
努力値:76-x-0-180-0-252
実数値:175-x-95-158-120-183
*H16n-1
*C2n
*S最速

調整案②
努力値:
76-x-0-196-0-236
実数値:
175-x-95-160-120-181
*H16n-1
*C2n
*S最速メガルカリオ抜き

確定技:ボルトチェンジ
候補:10万ボルト メザ氷 神通力 シャドーボール


ダメージ計算

調整案①の場合
*167-172ギルガルドがシャドーボールで確定2
*187-154メガフシギバナが神通力で確定2
*181-120メガガルーラが10万ボルトで確定2
*175-138メガリザードンYが10万ボルトで確定1
*192-135トゲキッスが10万ボルトで中乱数1
*180-120カイリュー(マルスケ無し)がメザ氷で確定1
*205-105ガブリアスがメザ氷で超高乱数1
*207-100マリルリがボルトチェンジで中乱数1

調整案②の場合
*上記
*209-105ガブリアスがメザ氷で超高乱数1


数日前にマルチバトルにて眼鏡持ちライコウと遭遇したので型を考察してみました。

CSぶっぱでも全然アリだと思いますが、せっかく眼鏡補正のお陰でCを削る余裕があるので耐久調整もある程度
両立しながらの方が使い勝手が良いのかな、と思いつつこんな配分に。

思い切ってHを191まで引き上げてから、とも考えましたが正直、神通力でメガフシギバナが確定2圏内から外れてしまうなど
深刻な火力不足が見られたのでH175までが妥当ですかね。

10万、メザ氷はメジャーとして神通力とシャドーボールも入れられるのが他の高速電気アタッカーとの差別化を可能に
できます。レートで今まで何戦か潜って試しましたがメザ氷は撃つ機会が少ない様に感じられたのでいっそ切るのも
問題ないかなと。事実、襷ガブリアスが多い現環境でタイマンでは勝てないので霊/超技で役割を持てる範囲を広げる方が
重宝する気がします。

あと、地味にライコウローブ等の並びで壁構築を偽装できるのもライコウを使う上で有用だと思います。

フェアリーガーデン使用構築



ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
マリルリ力持ちオボンの実アクアジェットじゃれつく瓦割り腹太鼓
クチート威嚇クチートナイトじゃれつくアイアンヘッド身代わり剣舞
クレッフィ悪戯心脱出ボタンイカサマ身代わり電磁波威張る
トゲキッス天の恵みラムの実電磁波エアスラッシュ神秘の守り火炎放射
エルフーン悪戯心残飯宿木の種身代わり挑発暴風
ラルトストレース気合の襷トリックルーム金縛りスキルスワップ道連れ

先日、PGLで開催されたフェアリーガーデンで使用したパーティ。フェアリータイプのみ出場可能という事なので鋼技が
変な方向(メザパ含む)から飛んできたり、デデンネが大量発生したりと非常に面白いポケモンや型と遭遇したり出来て
収穫が多かったです。尚、LV30固定という特殊ルールだったというのはパーティ登録を済ませた後で気がついた()


大会前日に育成済みの個体をかき集めてから構築を決めました。軸はラルトスのトリル展開からのメガクチート無双
+電磁波→太鼓or剣舞全抜き、加えてクレッフィやエルフーン、キッスの害悪戦法を織り交ぜた3段構え。

パパッと決めた割には上手くコンセプト通りにハマって勝てたりしましたが、やはり考察もあまりしていなかったので
サーナイトのシンクロノイズやら最遅メガクチートのSが仇になって返り討ちにあったり。

最高レートは1620ぐらいまで行けましたがそこから連敗し、1500台半ばまで墜落。最終日に何とか1600ジャストに届きました。
集計ランキングでは1800以上が最高なので数値的には全然ですが、久しぶりの公式大会参戦だったので十分楽しめたので良かったです。
最終戦績は19勝11敗(全30戦)。


■マリルリ@オボンの実
意地っ張り HA
普通の太鼓マリルリ。先鋒(クレッフィやキッス)の補助を受けてから叩いて無双モードに入る。タイマン性能は高いので
そのまま戦わせても活躍してくれました。LV30時でもラッキーな事にHPが4nだったのが救い。

■クチート@クチートナイト
勇敢 HA
トリル展開からのエース…のはずでしたが、電磁波からのサポートの方が良かった模様。相手側が麻痺バグを起こすまで
身代わりで粘ってから攻撃を展開する試合がほとんどでした。チュインチュインはする余裕がなかった。
メガ枠ということでマリルリと合わせて選出率はダントツでした。

■クレッフィ@脱出ボタン
穏やか HD
起点作成のプロ。相手に合わせて電磁波や威張るして脱出し、後続のエースに繋ぐ役割はしっかりと果たしてくれました。
混乱で自傷した場合は、みがいばゲーに持ち込んで散々好き勝手しちゃいました★


■トゲキッス@ラムの実
臆病 HS
クレッフィやサーナイトがいるパーティに良く刺さった。先発起用で電磁波→エアスラで怯みゲーを展開。
逆に電磁波してくることが多かったクレッフィにはラム→神秘で対抗。最速なのでミラー対決にも強かった。


■エルフーン@残飯
図太い HBS
上と同じく補助を受けてからやどみがするだけの簡単なお仕事。が、実際は有利と思っていたデデンネにメザ毒やメザ鋼を撃たれたり、
暴風を外したりと茶目っ気をご披露してくれた。準速なのでミラーマッチやサナの挑発も、上からの挑発で防止。
暴風は同じエルフーン対策で入れたにも関わらず当てる機会はありませんでした。
尚、HPはLV30時では16n+1でなかったのを知った時点で絶句した。


■ラルトス@気合の襷
臆病 努力値0
トリル始動要因かつ適当枠。孵化したての個体を用いただけなので技構成を考えるだけで済みました。選出率は最下位。
それというのも大量発生したデデンネのすりすりで麻痺バグを引くのが怖くて選出する勇気がなかった。
他にもトリルを貼ってからターンを稼がれたりとあまり良い活躍はできませんでしたが、たった1試合だけ、トリル→道連れを
完璧に決めてくれたのでパーティに入れた甲斐はありました。読まれやすい道連れより置き土産を採用するべきでしたが
何故そうしなかったのかはもはや謎。


*LV30時のステータスをメモしていなかったので実数値は割愛しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。