スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6世代育成環境まとめ

こんにちは、こんばんは(・ω・)/

ポケモンXYが発売されてからもう2週間が経ちましたね。新情報が続々と出てきて前作からかなり仕様が変わったものも多いかと思います。特に育成環境(厳密には厳選環境)は大分向上されましたね。なので今回の記事は自分が集めた情報をまとめてみようと思います。



育成環境

【遺伝系統】
・赤い糸で両親から5箇所の個体値を遺伝
・夢特性は♂♀両方から遺伝
・ボールの種類は♀から遺伝
・タマゴ技の同時遺伝が可能

【努力値振り】

・1回の群れバトルで努力値最低50ポイント(ポケルス+パワー系アイテムあり)は確保
・スパトレで細かい努力値振りが簡単

【レベル上げ】

・レストラン・ド・キワミのローテ(約2週)にてレベル上げが簡単

【高個体または色違い】
・フレンドサファリにて2v以上(タマゴ未発見グループは3v以上)、又、夢特性を捕獲可能

・ポケトレ40連鎖以上で色違いかつ2v以上でポケモンを捕獲可能
・連続釣りで色違い捕獲可能


と、こんなところでしょうか。


個人的には夢特性やボールの種類を遺伝できるようになったのは嬉しい仕様変更ですね。これで価値の高かった夢アチャモや夢ゴチミルの厳選ができるようになりました。自分はボールにまでこだわりそうですc(>ω<)ゞ

また、遺伝技で地球投げラッキーが作れるようになったようです。遺伝経路はマンキー→クチート→ラッキーとなります。ただ、今作ではまだ教え技がないので3世代で作った投げラッキーでない場合はステルスロックとの両立が出来ませんのでご注意を。

ちなみに乱数調整自体は今作では廃止になったままか、それとも今後解析されるかはまだわかりません。ですので当分は厳選が主流になると思うので育成には根気が必要になってきますね。ただ、今の環境ですと努力値振りとレベル上げだけなら1時間以内にできそうな感じです。ポケモンへの愛着を忘れないようにしましょう(ry

それでは皆さん、良い厳選ライフを!!

スポンサーサイト

現代に生きるメイドさん

皆さん、こんにちはorこんばんは。毎度の管理人です。

前にクリアしてしまったけどなかなか記事にしなかったフリゲーのレビュー書きまする。サボってたわけではないですぞ。単にどう書けばいいか悩んでただけッ!w

「M(メイド)たちの調律」



簡単に紹介するとコズミックホラーノベルです。主人公・桐沢透也とその幼なじみ・夢岸真帆を軸にストーリーが展開されていきます。平凡だった毎日が突然、ひょんなことから崩れ去り、恐怖とスリルに満ちた日々を送ることになる…という感じのシナリオです。メイド…とは言ったものの、それはそんなに関係してないかな、と思ってます(まぁ、出会いは沢山ありますけど)。

うp当時は第一話のみ(完結)でしたが最近、第二話がダウンロードできるようになりました。管理人は両方、クリア済みです。どちらとも引き込まれるようなストーリー展開、抜群のキャラデザイン、そして神掛かったBGM。どれもフリーゲームにしては完成度が高いです。

ここで注意するべきなのはコズミックホラーだということ。第二話はそれほどでもないですが、第一話はやればSAN値が下がる可能性大です(笑。覚悟のある方だけプレイ推奨ですぞ(`・ω・´)

ちなみににシナリオ自体は基本一本道です。第二話から選択肢システムが導入され、いくつかの分岐点が生まれます。選択によってはバッドエンド直行なので良く考えて選びませう。と、いっても話の流れで取るべき行動は大体見当つきますし、セーブ&ロードもいつでもできるので安心設定です。あえてバッドエンドを見るのもOK!

…と、ここまでは良い感想なんですが強いて言えばもう少し分岐点を大きく分けて、True Endへの到達を難しくしてもいいんじゃないかなと思います。

個人的には第三話の公開を楽しみにしてます。早く製作されないかな~♪




夜の学校に忍び込んだことありますか??

こんばんはー。管理人でございますよ。

この頃、興味を惹くようなホラゲに出会えなくてややモチベが下がってました、はい。自分は基本的にいい出来栄えでないゲームは途中でやめてしまうケースが多いです。だからあんま酷評的なレビューは書かないんですよね。というかそもそもクリアまで行き着かなかったら書けないし(ry

で、今回ホラゲは諦めてノベルゲームでもやろうとネットサーフィンしていたら良さそうなのを発見。即刻プレイを始めました。

「Graduaters! ~グラディエイターズ!~」です。



ストーリーは卒業式当日の夜、主人公が幼馴染みに呼び出されて始まります。そこからとんとん拍子にコメディがスタート。今までの学生生活を振り返りながら、二人がおちゃらけを披露していく。そんな中、もう一つ同時進行する過去の思い出。夜の学校に忍び込むようになってから知り合ったもう一人の友達。2つのストーリーが交差しながら展開されていく。

私はコメディ全般が好きなのでこの作品が気に入りました。ストーリーもテンポよく進みますし、キャラクター設定もそれぞれ個性があってやっていて楽しいですし。そしてキャラデザインも良いですしね。登場人物は少ないですが、この作品ではこれが丁度いいと思ってます。

…で管理人は明日香さんがお気に入りと。サバサバした性格の女の子って一緒にいて楽しいじゃないですかw

ちなみに幼馴染みっていう設定は古いけど毎回思う。「主人公、リア充ですね」…と(ry



スタジオ蜜柑さんの作品は初めてでしたがやってみてよかったです。この機会に皆さんもノベルゲームをやってみませう。アニメとは違った面白さが味わえますよ(`・ω・´)

阿弥陀病院へようこそ

こんばんは。空いた時間にホラゲーをやっている管理人です。

今日は先日プレイした新作(?)の「阿弥陀病院担当医先生御机下」を紹介します。



本作の目的は主人公・皐月ありすが仲良くなった絵美という少女の行方を捜しながら、最終的に病院内から脱出を試みるゲームです。割とありがちな設定ではありますが、難易度もそれほど難しくなく、またエンディングも2種類以上あります。また、危機的状況に陥ると緊迫感を演出するBGMが流れるのも良い。そして一番の推しはありすが可愛すぎて萌えるということ(殴

ホラゲーの割に結構エロスな内容も含まれていますのでそれを楽しむのも一興かと(ry。まぁ、やってみればわかりますって!損はしないと思いますよw

尚、このゲームは1週だけではTrue endには辿り着きません。2週目のプレイが必要なので回収できるアイテムは全てゲットした方がお勧めです。

ちなみに自分はというと、3週やってやっと真エンド(?)を見ることができました。選択肢が結構多く、迷ってしまうんですよね…。そしてバッドエンドを見た回数は10回以上というw

萌えキャラが好きな方には一押しですね~(〃ω〃)


新世代の幕開けとメガ進化

おはようございます。管理人のJoです。

とうとうポケモンの新作が発売されましたね。皆様、シナリオクリアに専念している頃かと思います。twitterの呟きなどを見ていると、もう四天王まで辿りついた方がいらっしゃるみたいでそのクリアスピードに驚いてます。いやー早い早いw

私はというと、3DSこそ入手できたもののまだ新作を買えていない状態です。新ゲームハードの購入で予算がちょっとオーバーしてしまって涙目です。しばらくは5世代にて放浪の旅と育成を続けると思います。あぁ、XYプレイしたい… (´Д⊂

で、情報などをかき集めてれば気も紛れるかなと思ってネットサーフィンをしていましたところ、海外サイトにていくつかのメガ進化画像を発見致しました。ネタバレが嫌な方はこれより先は見ないことをお勧めします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【メガフーディン】                    【メガヘルガー】
               

【メガヘラクロス】                    【メガチャーレム】
               

【メガジュペッタ】                     【メガカイロス】
              

【メガライボルト】                     【メガハッサム】
              



感想:メガ進化の多いこと多いこと(笑。ハッサムが更に進化するのはちょっと予想外でしたね。見た目は一種のメダロットを連想させるかのようです。そしてメガフーディンを見て、ストリートファイターのダルシムを思い出した方は私だけではない…はず(ry 尚、メガストーンの入手方法については書かれていませんでしたので詳細は未だ不明です。

ちなみに今作では新ポケモンが68種類(?)と今までと違い、かなり少ない模様。個人的には残念な気しかしません…。

まあ、重要な情報を見つけられれば載せていこうかなと思ってますので今後もお付き合い頂ければ嬉しい限りです^^

それではノシ。

幻想か現実か

おはようございます。管理人のJoです(・ω・)/

ポケモンの新作発売まで残すところあと1週間ですね。首を長くしている方も多いんじゃないでしょうか。あと少しの辛抱です、頑張りましょう(ry

さて、今回は何時ぞやの記事で紹介した「ひぐらしのなく頃に」の生みの親である07th Expansionの次回作にあたる「うみねこのなく頃に」のレビューです。




とりあえず最終話まで見た感想はというと、

「グロ怖い!」

の一言に尽きます。いや、マジで。

孤島の六軒島にて幾度となく繰り返される惨劇の数々は見るのに精神力を削られます。管理人はグロイの苦手傾向があるので正直、直視できない殺人が多々ありました。一部モザイクのかかる程、と言ったら想像がつくでしょうか?

やはり前作通り、島の住人がほぼ全員死亡したあともパラレルワールドの如く、また新世界にて同じ末路を辿る、という悲しき展開。序盤からでは全く先の見えないストーリー。そして島に住まう魔女の恐ろしい儀式。見ていて怖いです^^;

しかし、一方で魔女の仕業に似せた大量殺人をどう主人公が人間による殺人事件として説明していくのかがこの作品の面白さであります。一見、人間に犯行不可能な密室殺人や惨殺を一つ一つの手がかりを元に魔女の存在の否定を続けます。そしてその様は典型的な推理ものとは別物。まさにミステリーです。

管理人も推理に挑戦してみましたが途中からサッパリわからなくなりました。ミステリーだけでなく、ファンタジー要素もあるので尚更難しいです。今時にしては珍しい作品の一つと言えますね。

ちなみに前作のキャラも数人登場するのは嬉しいような、そうでないような…(笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。