スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒みがカイリキー【第6世代/シングル】



カイリキー@残飯
性格:陽気
特性:ノーガード
個体値:31-31-31-x-31-31

努力値:92-4-172-x-4-236
実数値:177-151-122-x-106-115
*H 16n+1
*A 端数
*B 177メガガルーラの捨て身タックル耐え/182ガブリアスの珠逆鱗+鮫肌ダメを超高乱数耐え
*D 端数
*S 準速バンギラス抜き+1

技構成:爆裂パンチ 毒毒 身代わり 守る


ダメージ計算(爆裂パンチ)

181-120メガガルーラが爆裂パンチ(79.5%~93.9%)+混乱ダメージ(18.7%~22%)で乱数1
183-116ガブリアスが確定3(40.9%~48%)
157-127水ロトムが乱数2発 (6.3%)(42.6%~51.5%)
181-201ナットレイが乱数2発 (91.4%)(47.5%~57.4%)
192‐156輝石ポリゴン2が確定3(38.5%~46.8%)
357‐62輝石ラッキーが確定2(52.1%~61%)


型の考察:

この型の特徴は格闘枠としての役割対象に加え、クレセリアやギャラドスを代表とするメジャーな物理受けを毒みが+守るで機能停止させることです。素のA種族値が高い為、爆裂パンチによる削り性能も良く混乱を絡める事で身代わりが残りやすい状況を作ることが可能。特性ノーガードの恩恵は爆裂パンチだけでなく、毒毒も受けるので小さくなるラッキーに強い点が挙げられます。

その反面、ゲンガーやギルガルドにはタイプ相性の関係から、飛妖スキンハイパーボイスやおしゃべり等の技、クロバットやシャンデラの特性すり抜け勢は身代わりを貫通するのでそれらには太刀打ちできません。

配分はHに振るよりもBDに振ったほうが硬くなるので最小16n+1、Sは最速にしても得られるメリットが少ないのでS80族前後のポケモンが指標にする「準速バンギラス抜き」+1まで振ります。残りは採用率から対面の機会が多くなることが予想される対ガブリアスやメガガルーラとの殴り合いに備え、物理耐久に。

基本的な立ち回り方としては先発もしくは死に出しから入り、有利対面では物理受けへの交代読みで身代わり→毒毒と展開していくのが理想的。また、耐久力も並以上確保されているのでメガガルーラやガブリアスとの偶発的対面でも引かずに殴り合えます。

カイリキーの持ち物は突撃チョッキ、拘りスカーフ、ラムの実が多いのでネタ寄りではあるものの、読まれ辛いのがこの型の最大の武器ではないかなと思います。

本当は『爆みがカイリキー』なんて洒落た名前付けるつもりだったんですけど、身代わり貼ってからの展開を理想としている型なので一般的な「毒みが」にしました。ネーミング力、たったの5です(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。