スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒みがカイリキー【第6世代/シングル】



カイリキー@残飯
性格:陽気
特性:ノーガード
個体値:31-31-31-x-31-31

努力値:92-4-172-x-4-236
実数値:177-151-122-x-106-115
*H 16n+1
*A 端数
*B 177メガガルーラの捨て身タックル耐え/182ガブリアスの珠逆鱗+鮫肌ダメを超高乱数耐え
*D 端数
*S 準速バンギラス抜き+1

技構成:爆裂パンチ 毒毒 身代わり 守る


ダメージ計算(爆裂パンチ)

181-120メガガルーラが爆裂パンチ(79.5%~93.9%)+混乱ダメージ(18.7%~22%)で乱数1
183-116ガブリアスが確定3(40.9%~48%)
157-127水ロトムが乱数2発 (6.3%)(42.6%~51.5%)
181-201ナットレイが乱数2発 (91.4%)(47.5%~57.4%)
192‐156輝石ポリゴン2が確定3(38.5%~46.8%)
357‐62輝石ラッキーが確定2(52.1%~61%)


型の考察:

この型の特徴は格闘枠としての役割対象に加え、クレセリアやギャラドスを代表とするメジャーな物理受けを毒みが+守るで機能停止させることです。素のA種族値が高い為、爆裂パンチによる削り性能も良く混乱を絡める事で身代わりが残りやすい状況を作ることが可能。特性ノーガードの恩恵は爆裂パンチだけでなく、毒毒も受けるので小さくなるラッキーに強い点が挙げられます。

その反面、ゲンガーやギルガルドにはタイプ相性の関係から、飛妖スキンハイパーボイスやおしゃべり等の技、クロバットやシャンデラの特性すり抜け勢は身代わりを貫通するのでそれらには太刀打ちできません。

配分はHに振るよりもBDに振ったほうが硬くなるので最小16n+1、Sは最速にしても得られるメリットが少ないのでS80族前後のポケモンが指標にする「準速バンギラス抜き」+1まで振ります。残りは採用率から対面の機会が多くなることが予想される対ガブリアスやメガガルーラとの殴り合いに備え、物理耐久に。

基本的な立ち回り方としては先発もしくは死に出しから入り、有利対面では物理受けへの交代読みで身代わり→毒毒と展開していくのが理想的。また、耐久力も並以上確保されているのでメガガルーラやガブリアスとの偶発的対面でも引かずに殴り合えます。

カイリキーの持ち物は突撃チョッキ、拘りスカーフ、ラムの実が多いのでネタ寄りではあるものの、読まれ辛いのがこの型の最大の武器ではないかなと思います。

本当は『爆みがカイリキー』なんて洒落た名前付けるつもりだったんですけど、身代わり貼ってからの展開を理想としている型なので一般的な「毒みが」にしました。ネーミング力、たったの5です(笑)
スポンサーサイト

ねむねごメガヤドラン【第6世代/シングル】

▼メガヤドラン
種族値:95-75-110-100-80-3095-75-180-130-80-30



メガシンカを得ることでB70+C30と無駄のないパラメータの上昇。メガヤドランが発表された直後は
物理受けゴツメヤドランが強く、テンプレな型として自分の中で定着していたのでメガシンカは微妙だと思っていました。
それと言うのも持ち物がメガ石に固定され、再生力まで失ってしまうのが痛手になると考えていたからです。

しかし、元々高水準だった防御に更に磨きが掛かり、尚且つ特攻がラティオスクラスにまでなったとあれば
瞑想をガンガン積んで要塞になると同時に全抜きを狙えるようになるので評価が変わりました。

瞑想+自己再生持ちの型はよく見かけますが、瞑想+ねむねご型はなかったように思えたので
配分を考察した次第です。

ヤドラン@ヤドランナイト
性格:図太い
特性:どんかんシェルアーマー

個体値:31-x-31-31-31-31*Aは個体値0が理想


確定技:熱湯 瞑想 眠る 寝言

調整案①
努力値:244-x-76-0-188-0
実数値:201-x-231-150-124-50
*H 50n+1
*B 11n/216メガボーマンダの2舞捨て身タックル耐え
*D 2n/232メガリザードンYのソーラービーム耐え

調整案②
努力値:204-x-124-4-132-4
実数値:201-x-237-151-117-51
*H 50n+1
*B 194メガガルーラの捨て身タックルを2耐え
*D 222メガゲンガー/ギルガルドのシャドーボールを最低乱数以外耐え



与ダメージ(熱湯)

181-120メガガルーラが高乱数3発2積みで確定2
207-167バンギラスが砂嵐下で確定4→2積みで確定2
183-106ガブリアスが確定3→1積みで確定2
185-89ファイアローが確定2→1積みで確定1

被ダメージ

調整案①の場合:
222ギルガルドのA2段階上昇のシャドークロー耐え
200ガブリアスの命の珠逆鱗を2耐え
194メガガルーラの捨て身タックルを高乱数2耐え
172メガクチートのじゃれつく+不意打ちを最高ダメージ以外耐え


222メガゲンガー/ギルガルドのシャドーボール耐え
2積みで2耐え
216霊獣ボルトロスの10万ボルトを8割強で耐える2積みで8割弱で2耐え
191メガフシギバナのエナジーボール耐え
2積みで2耐え
172水ロトムの眼鏡ボルトチェンジ耐え2積みで最低乱数以外2耐え

調整案②の場合:
222ギルガルドのA2段階上昇+プレート込みシャドークローを7割弱で耐える
200ガブリアスの鉢巻逆鱗を最低乱数以外2耐え
172メガクチートの
A2段階上昇の不意打ちを8割強で耐える
146ファイアローのA4段階上昇+命の珠込みブレイブバード耐え


211メガリザードンYのソーラービーム耐え→2積みで2耐え
197霊獣ボルトロスの10万ボルトを最低乱数以外耐え→2積みで高乱数2耐え
187メガライボルトの10万ボルト耐え
2積みで2耐え
172水ロトムの眼鏡ボルトチェンジを9割弱で耐える→2積みで高乱数2耐え




半端な物理アタッカーを前に瞑想を積みます。瞑想ねむねごスイクンと型は同じですがこちらは急所被弾がないので
安心感が違います。そして、瞑想+再生型との違いは手軽に高速回復する手段がない分、
ねむねごの恩恵により
状態異常に強くなる
ので誘いやすい毒毒や鬼火も怖くありません。

攻撃技が熱湯の1ウェポンなので瞑想を積んでも耐性のあるポケモンを呼びますが、ダメージソースは
熱湯の追加効果に期待しています。特に回復技のない相手には長期戦を強いる事でPP合戦や定数ダメージから
優位に立てます。また、瞑想と熱湯の相性は良いので火傷状態の相手には実数値以上の物理耐久でドヤ顔できます。

この型の主な弱点は寝言により1/3の確率で睡眠状態で眠るを引いてターンを無駄にしてしまう事。熱湯が
特性「貯水」「呼び水」持ちに効かない事、状態異常以外の定数ダメージ(呪い、宿木の種など)、積んでも
吠えるや吹き飛ばし等の強制交換技に耐性がない事が挙げられます。挑発も弱点ですが鈍感ヤドランの状態なら
無効に出来るのでメガシンカするタイミングにも注意したいところです。

余談ですが、ダブルバトルでフィルターやハードロック、マルチスケイル辺りをスキルスワップしたら
相手が嫌がること間違いなしですねw

いばみが&毒みがマルマイン【第6世代/シングル】



以前からマイナー故に全く日の目を見ないマルマインの特性を活かした育成論を考えていて、
それがつい先日やっと形になったのでブログに載せる事に。

最初こそ面白半分で種族値云々を考察してましたが、特性によっては割とガチ環境でも
活躍が見込めるんじゃないかなと今では思ってます。

マルマイン@食べ残し
特性:防音
性格:臆病
個体値:31-x-31-31-31-31*Aは個体値0が理想

確定技:威張る(毒毒) イカサマ(チャージビーム) 身代わり 守る

調整案①いばみが型
努力値:204-x-0-0-52-252
実数値:161-x-90-100-107-211
*H 16n+1
*D 216シャンデラの命の珠火炎放射耐え/216シャンデラの眼鏡シャドーボールを最高乱数以外耐え
*S 最速/準速スカーフドリュウズ抜き

調整案②毒みが型
努力値:204-x-12-12-44-236
実数値:161-x-92-102-106-209
*H 16n+1
*B 197メガルカリオのバレットパンチを身代わりが耐える
*D 216シャンデラの命の珠火炎放射耐え
*C 2n
*S 11n/準速スカーフFCロトム抜き+1


マルマインと言えば初代で登場した最速の電気単タイプのポケモン。素早さが140族と、それこそ準速90族以上の
スカーフ持ちでもない限り抜けない程のズバ抜けたSが最大の売り。しかし、火力と耐久面が並み程度しかなく、
現環境では悲しくもスペックが追いついていません。

そこで、上記の
いばみが型と毒みが型の採用に至りました。威張るや毒毒を絡めれば火力を、身代わりを挟めば
耐久の低さを誤魔化せます。どちらも一長一短なので今回は両方を考察します。

どちらの型も優先度+1で始動できる『悪戯心』持ちレパルダス、クレッフィ、ヤミラミによってメリットは取られています。
が、それはあくまで先制で打てるという意味合いが強く、S140族と初手対面時ならほぼ先制される事の無いマルマインとでは
同条件に近いです。加えて『悪戯心』の恩恵を受けるのは補助技のみですので、攻撃技を選択することになれば
マルマインに分があります。更に、電気タイプ故に最も採用されやすい電磁波が効かないのも利点です。

今回、身代わりを採用する上で重要になってくるのはマルマインの特性『防音』です。先程の『悪戯心』持ちの
ポケモンと異なるメリットは、第6世代で身代わりを貫通するようになったハイパーボイスやばくおんぱを寄せ付けない点。
ランダム対戦でメジャーである飛妖スキンボイス、ばくおんぱ、おしゃべりを半減で受けられるのはクレッフィのみですが、
『防音』の場合は滅びの歌や吠えるで流される事もありません。これらがこの特性の長所と言えます。

尚、型の相違点に関しては以下を参照。

いばみが型:
・毒みがに比べ、相手を倒すまでの遂行速度が早い(防御>攻撃数値の差が極端なラッキー、ハピナス等は例外)
・運に左右されるが、初手で威張るをして倒されても後続が混乱している相手を起点にできる
・唯一の攻撃技が接触技であるため、身代わりの試行回数をゴツゴツメットや鮫肌、鉄のトゲで減らされる
・イカサマの一貫性が高いとはいえ、半減にできる相手の処理が遅い
・特殊メインのポケモンを起点にできる

毒みが型:
・いばみがに比べ、相手を倒すまでの遂行速度は遅いものの、ラッキーやハピナスも突破可能
・毒毒自体は威張ると違い、行動の妨げにはならないが回復手段を持たない相手の居座りを許さない
・相手のタイプによっては(草/毒のメガフシギバナ、鋼/地面のドリュウズやハガネール)厳しかったり何も出来なかったりする
・チャージビームによる7割のC上昇で居座り続けるだけ遂行速度が早くなる
・毒毒/電気技で対応できる範囲が広い


身代わりを軸に戦うポケモンの鬼門となるのは、特性『すり抜け』『親子愛』『スキルリンク』、連続技、挑発、
アンコール、吹き飛ばし、トリック等
です。威張るやC上昇後のチャージビームである程度張り合えますが、やはり
これらの条件を持つ相手とは無闇に対峙しない方が無難でしょう。

威張る+イカサマや毒毒といったダメージソースは火力に乏しいマルマインとは十分マッチしていると思います。
欲を言えば、もう少し耐久方面に種族値があれば良かったんですけどね…(汗)

最後に余談ですが、毒みが型用の個体は持っているので育成してランダムレートにダイブしようと思ってたら
グローバルリンクが15日までメンテナンス中という始末。

悲しきかな。

*01/16 誤字脱字を修正。

ゴツメコバルオン【第6世代/シングル】



新年、明けましておめでとうございます。以前から気になっていた内部の改善をしつつ、ブログの改装をしています。
今年も宜しくお願いします。

数日前に臆病コバルオンが手に入った上、このポケモンの扱いに詳しい方から色々レクチャーして頂く機会が
ありましたので配分を考えてみました。

コバルオン@ゴツゴツメット
特性:正義の心
性格:臆病
個体値:31-30-30-31-31-31*メザ氷理想個体

確定技:ステルスロック ボルトチェンジ
候補:アイアンヘッド 聖なる剣(インファイト) メザパ氷 挑発 吠える 電磁波


調整案①ガブリアス意識
努力値:196-72-8-20-0-212
実数値:191-107-150-113-92-170
*H 16n-1
*B 146ファイアローの強化プレートブレイブバードを2耐え
*D 182ラティオスの眼鏡流星群を1.5耐え(2連続最高ダメージ以外)
*A 聖なる剣で181-120メガガルーラが確定2/ゴツメダメ2回+インファイトで確定1
*C ボルトチェンジで202-102ギャラドスが確定2/メザ氷で183-105ガブリアスが確定2
*S 最速ガブリアス(準速スカーフバンギラス)抜き


調整案②メガガルーラ意識

努力値:228-72-8-0-4-196
実数値:195-107-150-110-93-168
*H 4n-1
*B 133ファイアローの命の珠フレアドライブ耐え
*D 182ラティオスの眼鏡流星群を1.5耐え
*A 聖なる剣で181-120メガガルーラが確定2/ゴツメダメ2回+インファイトで確定1
*C ボルトチェンジで202-102ギャラドスが超高乱数2/メザ氷で183-105ガブリアスが確定2
*S 最速100族抜き

調整案③ラグラージ+メガカイロス意識
努力値:196-72-0-0-4-236
実数値:191-107-149-110-93-173
*H 16n-1
*B 146ファイアローの強化プレートブレイブバードを2耐え
*D 182ラティオスの眼鏡流星群を1.5耐え(2連続最高ダメージ以外)
*A 聖なる剣で181-120メガガルーラが確定2/ゴツメダメ2回+インファイトで確定1
*C ステロ+ゴツメ+ボルトチェンジで141-110メガカイロスが確定1/メザ氷で183-105ガブリアスが確定2
*S 最速105族抜き


ダメージ計算

調整案①、③の場合:
A112マリルリのA6段階上昇のアクアジェット耐え
A194メガガルーラの親子愛地震耐え
A146ファイアローのフレアドライブ耐え
A205ドリュウズの地震耐え

調整案②の場合:
A112マリルリのA6段階上昇のアクアジェット耐え
A181テラキオンのインファイト耐え
A194メガガルーラの親子愛地震耐え
A216霊獣ランドロスの地震耐え
A146ファイアローの命の珠フレアドライブが乱数1発 (37.5%)
A182ガブリアスの命の珠地震が
乱数1発 (62.5%)


ステルスロック撒き+場荒らしのコバルオンです。素早さは108族と割と高水準なので有利対面でステロ撒いて場を整え、
半端な物理アタッカーに繰り出してゴツメの定数ダメージを稼いでいきます。

ボルトチェンジでサイクル戦を仕掛けつつ、相手側がコバルオンの確定圏内に入ったら攻撃を展開していくスタイルです。
相性の良し悪しがハッキリしている上、半減以下にできるタイプが多いのが特徴。苦手な相手からはボルトチェンジで
HPを削りつつ、逃走できるのがコバルオンを使う上での重要なポイントになってきます。更に、自身より遅い場作りポケモンの行動を
挑発で阻止したり、電磁波で後続のサポートを担当できるのが強みといえます。

アタッカーではないものの、メガガルーラを意識して最低限のAは振っています。ですので、ゴツメダメ2回+インファイトで落とす事は可能。耐久ダウンは気になりますが、聖なる剣では火力不足である点やラストでの対面を想定してそちらを採用するのはアリだと思います。
また、フレアドライブを耐える事が出来ればH252ファイアローでもスリップダメージ(反動+ゴツメ+珠)+ボルトチェンジで返り討ち
する事も。耐久無振りであれば、珠ダメージがなくとも倒せます。

参考例として私は、ステルスロック/挑発/ボルトチェンジ/聖なる剣の技構成でランダムレートに潜ってみましたが、サイクル構築で
非常に回しやすいポケモンでした。ただ、前述した通り聖なる剣の火力不足が気になる試合が多々見られたので、インファイトに
切り替えたいと思いました。

何にせよ、調整次第で耐えられる攻撃がガラリと変わってくるので配分を考えるのが楽しかったです。
3闘の中ではテラキオンの攻撃範囲が広いため影に隠れてしまいがちではありますが、一度試しに使ってみる事をお勧めします。

*01/08 調整案を一部修正。
*01/11 調整案③を追加。

HSメガメタグロス【第6世代/シングル】

▼メガメタグロス
種族値:80-135-130-95-90-70 ⇒ 80-145-150-105-110-110




メガシンカが発表されて種族値が明らかになった時に、一番舞い上がらせてくれたポコモン。

ABCDの上昇こそ控えめなものの、Sがまさかの40UP。チョッキメタグロスの調整案を書いてた時に
素早さが100以上だったら嬉しいな~と期待してたらこの通り。今まで使用率がトップクラスだったガブリアスを
抜けるようになったので、対面での立場を逆転できるのが美味しい。

攻撃力、耐久力、素早さのバランスが良いのでそれを踏まえて配分を考えてみました。

◆HSベース
性格:陽気
特性:クリアボディ
努力値:252-44-4-x-4-204
実数値:187-171-171-x-131-171
*Hぶっぱ
*H12メガボーマンダを冷凍パンチ(威嚇抜き)で確定1
*S最速ガブリアス抜き+1
*BD端数

*H252振りだけでC222メガゲンガーorギルガルドのシャドーボールを確定で耐える。

確定技:冷凍パンチ
候補技:コメットパンチ バレットパンチ 思念の頭突き アームハンマー 地震 毒毒 など



与ダメージ

202‐85ニンフィアがコメットパンチで確定1
167‐101メガゲンガーが思念の頭突きで確定1
207-130バンギラスがアームハンマーで乱数1発 (75%)
181‐121メガガルーラがアームハンマーで確定2(77.3%~91.7%)
175-111霊獣ランドロス(威嚇抜き)が冷凍パンチで確定1

被ダメージ

216メガボーマンダの一舞地震耐え
197メガルカリオのA1段階上昇インファイト耐え
155ゲッコウガの珠悪の波動耐え
182ガブリアスの珠地震が乱数1発 (6.3%)
204バンギラスの鉢巻噛み砕くが乱数1発 (12.5%)
146ファイアローの鉢巻フレアドライブが乱数1発 (56.3%)
194サザンドラの珠悪の波動が乱数1発 (75%)


ガブリアスを意識した配分です。また、メガシンカする事でガブリアスの素早さを抜けるポケモンが増えたのと同時に
S調整をする際の指標が最速ガブリアス抜き。なので、それを更に数値的に1上回るように調整。最速にしても抜きたい相手が
余りいない(ゴウカザルを意識するなら話は別)のでここまでが妥当かなと思いました。

Aは『硬いツメ』補正によりそれほど割く必要性が感じられなかったので、無振りガブは勿論のこと、威嚇の入っていない状態で
メガボーマンダも撃墜できるラインまで振りました。とはいえ、現状でも襷ガブが多いのでステロや毒びし撒きとの組み合わせは必須でしょうか。

耐久に関してですが、メガシンカによるステータス上昇を活かす為にHは極振り。これだけで大抵の一致抜群技を耐えられる
数値を確保。しかし、素の威力が100を超える炎技である一致大文字やオーバーヒートなどはこれまで同様警戒すべきでしょう。

技構成はこの型がガブやマンダ等の竜を意識しているので冷凍パンチは確定。残りの枠はお好みで。ただ、
相変わらず物理受けを呼んでしまうことが予想できるので、そういったポケモンに刺さる毒毒は優先度が高いのではと思います。
例としてポリゴン2、サンダー、ギャラドス。ソーナンスキャッチにもある程度の対応はできますしね。

ちなみに、お勧めは冷凍パンチ+毒毒+地震(orアームハンマー)+コメットパンチ(or思念の頭突き)の組み合わせです。
前述の理由から冷凍パンチ、毒毒は確定ですが、鋼に通らないので地震かアムハンは必須(アムハン採用の場合は
調整したSが下がるので打ち逃げ感覚になります)。ラス枠にタイプ一致のコメパンか思念ですが、これはパーティとの相談で。

最後に運用方法ですが、火力面は必要最低限しか確保していないのでギャラなど相性補完に優れる相方とサイクルを
回しつつ、ゴツメや毒毒といった定数ダメを稼ぎながら戦うのがベストだと思います。


とりあえず、机上論の第一弾投下ということで頑張ってみました。とはいえ、調整案を考えて自分で使用感を確認できないのが
残念ではありますね…( ;∀;)

ご意見ご感想ありましたらどーぞ。


*12/12 誤字脱字を修正。記事に一部分追加。

【シングル】脱出キュウコン【育成論】



キュウコン@脱出ボタン
特性:日照り
性格:穏やか
個体値:31-x-31-31-31-31
努力値:212-x-0-0-92-204
実数値:175-x-95-101-145-146
*H16n-1
*HBステロダメ+A172メガクチートの不意打ち/ステロダメ+A200キノガッサの鉢巻マッハパンチ耐え
*HD194サザンドラの眼鏡流星群耐え/身代わりがC125ポリゴン2の10万ボルト耐え
*C187メタグロス/157メガクチートを晴れオーバーヒートで確定1
*S最速80族抜き

確定技:オーバーヒート 吠える
候補:鬼火 毒々 バークアウト 身代わり 他


シーズン6は晴れ構築で行こう、そうしようと考えていたらあっという間に時間が過ぎ去り
出来ず終いに。前作まで晴れアタッカー光臨のお膳立てをしていた脱出型キュウコン。

今作初登場のメガリザードンYの影に隠れがちですが、メガ枠を消費しない+晴れエース無償光臨+豊富な
補助技で後続のサポート、という役割はメガリザには出来ない芸当。単体性能こそ劣るものの、補助技を
駆使しつつ場を荒らすことが可能なので差別化としては耐久方面に厚めに振るのが良いと思います。


ちなみに晴れエース候補としては、




上記の面々が妥当かと。火力面は十分ありますし、エレザード以外はキュウコンとの相性補完もグッド。

晴れ下で葉緑素やサンパワーで素早さ、火力が爆発的に伸びる。特にエレザードの晴れサンパワー
破壊光線はXY発売当初に話題にもなりました。

ちなみにメガシンカしないフシギバナも珠などの火力アップアイテムでエース化可能。
あとは、メガシンカできるポケモンに進化の輝石補正が掛かるようになれば怖いフシギバナができたり…。

今後も晴れ構築について考えていこうと思います。

【シングル】残飯ぺラップ【育成論】



ぺラップ@残飯
特性:するどい目
性格:臆病
個体値:31-x-31-31-31-31

調整案①
努力値:76-x-4-172-4-252
実数値:161-x-66-134-63-157
*H16n+1
*A200ハッサムの珠バレットパンチ耐え
*S最速

調整案②
努力値:76-x-76-100-4-252
実数値:161-x-75-125-63-157
*H16n+1
*A200ハッサムの鉢巻バレットパンチ耐え
*S最速

確定技:おしゃべり 身代わり ばくおんぱ
候補:わるだくみ アンコール (ねっぷう)


ダメージ計算

調整案①の場合
*183-106ガブリアスがおしゃべりで確定4
*同上が1積みばくおんぱで確定1
*181-120メガガルーラが1積みばくおんぱで高乱数1
(81.3%)
*227-150クレセリアが2積みばくおんぱで中乱数1(56.3%)
*181-184ナットレイがねっぷうで確定2

調整案②の場合
*183-106ガブリアスがおしゃべりで乱数4
*同上が1積みばくおんぱで確定1
*181-120メガガルーラが1積みばくおんぱで中乱数1
(43.8%)
*227-150クレセリアが2積みばくおんぱで低乱数1(18.8%)
*181-184ナットレイがねっぷうで確定2



XY発売以降、レート上位の方が使っていたのを知って興味があったので育成してみました。

混乱の追加効果があるおしゃべり、一致高威力のばくおんぱアンコールわるだくみ等の
多彩な補助技に特性「するどい目」で回避系の積み技を使ってくる相手にも強い。更に音技が
身代わりを貫通するのも評価できます。つまりは低種族値なら混乱で運ゲー仕掛ければいい、
そんな感じのポコモン。

今回の型は見てわかる通り、混乱を利用しつつ身代わりを維持して全抜きしていく、スタンスです。
運用方法はいばみがボルトに似ていますが、こちらはダメージと混乱が1ターンで両立できるのが美点。
ただし、低耐久ゆえに素早さで勝っている相手でないと厳しいです。連続攻撃使いのメガガルーラや
パルシェンなどにも弱い。

紙耐久ではありますが先制技に耐性をつけたかったので上記の配分になりました。それにこだわらなければ
調整案①のBDの4をCに回してください。それでもA200ハッサムの珠バレパンは最低乱数以外で耐えられます。

メインウェポンはおしゃべりですが火力が心もとないのでばくおんぱをフィニッシュ技と考えてます。
ORASの教え技で熱風もアリかなと。機会さえあれば足りない数値は悪巧みで補強できます。

実際にランダムマッチで回してみた感想はというと、ライコウや、ライボルトあたりの電気単タイプと
組ませたりするのが良い感じでした。あとは地震+どくどくしかないポイヒグライオン(Not最速)が
絶好のカモでした。

パターンに嵌ると強い典型的なポコモンの一種ですね。

【シングル】眼鏡ライコウ【育成論】



ライコウ@こだわりメガネ
特性:プレッシャー
性格:臆病
個体値:31-x-30-31-31-31

調整案①
努力値:76-x-0-180-0-252
実数値:175-x-95-158-120-183
*H16n-1
*C2n
*S最速

調整案②
努力値:
76-x-0-196-0-236
実数値:
175-x-95-160-120-181
*H16n-1
*C2n
*S最速メガルカリオ抜き

確定技:ボルトチェンジ
候補:10万ボルト メザ氷 神通力 シャドーボール


ダメージ計算

調整案①の場合
*167-172ギルガルドがシャドーボールで確定2
*187-154メガフシギバナが神通力で確定2
*181-120メガガルーラが10万ボルトで確定2
*175-138メガリザードンYが10万ボルトで確定1
*192-135トゲキッスが10万ボルトで中乱数1
*180-120カイリュー(マルスケ無し)がメザ氷で確定1
*205-105ガブリアスがメザ氷で超高乱数1
*207-100マリルリがボルトチェンジで中乱数1

調整案②の場合
*上記
*209-105ガブリアスがメザ氷で超高乱数1


数日前にマルチバトルにて眼鏡持ちライコウと遭遇したので型を考察してみました。

CSぶっぱでも全然アリだと思いますが、せっかく眼鏡補正のお陰でCを削る余裕があるので耐久調整もある程度
両立しながらの方が使い勝手が良いのかな、と思いつつこんな配分に。

思い切ってHを191まで引き上げてから、とも考えましたが正直、神通力でメガフシギバナが確定2圏内から外れてしまうなど
深刻な火力不足が見られたのでH175までが妥当ですかね。

10万、メザ氷はメジャーとして神通力とシャドーボールも入れられるのが他の高速電気アタッカーとの差別化を可能に
できます。レートで今まで何戦か潜って試しましたがメザ氷は撃つ機会が少ない様に感じられたのでいっそ切るのも
問題ないかなと。事実、襷ガブリアスが多い現環境でタイマンでは勝てないので霊/超技で役割を持てる範囲を広げる方が
重宝する気がします。

あと、地味にライコウローブ等の並びで壁構築を偽装できるのもライコウを使う上で有用だと思います。

【シングル】チョッキメタグロス【育成論】



メタグロス@突撃チョッキ
特性:クリアボディ
性格:意地っ張り
個体値:31-31-31-x-31-31

調整案①
努力値:252-196-44-x-12-4 
実数値:187-198-156-x-112-91
*A11n
*HB
補正なしテラキオンの剣舞インファイト耐え
*HD補正ありサザンドラの眼鏡悪の波動耐え

調整案②
努力値:252-196-20-x-36-4 
実数値:187-198-153-x-115-91
*A11n
*HB補正なしテラキオンの剣舞インファイト最高乱数以外耐え/補正なしファイアローの珠フレアドライブ耐え
*HD補正ありシャンデラの大文字耐え


確定技:バレットパンチ
候補技:地震 コメットパンチ アームハンマー 思念の頭突き 岩石封じ



ダメージ計算:


H4テラキオンが思念の頭突きorアームハンマー+バレットパンチで確定1

耐久無振りサザンドラがアームハンマー+バレットパンチで確定1
H252メガバンギラスがアームハンマー+バレットパンチで確定1
耐久無振りシャンデラが地震で確定1
H252メガゲンガーが地震+バレットパンチで確定1
H252メガサーナイトがコメットパンチで確定1/バレットパンチで確定2(59.4%~72%)
H252ニンフィア(同上)
H252ファイアローが岩石封じで確定1


チョッキという新アイテムの登場以来、やろうやろうと思ってたのに先延ばしにしちゃってたこの調整。
D1段階上昇状態でビックリするほど特殊方面の弱点技を耐えるようになるメタグロス。

元々、ローブシン同様に変化技を必要としない為突撃チョッキとの相性は良好。
基本的にこれで物理、特殊耐久共に十分確保されているのでガッツリAに割けるのが美味い。

意識する相手によって多少配分が変わるので二通り考えてみた。バレットパンチでフィニッシュするのを想定しているので
それを確定技、後はパーティとの相談で何通りかの組み合わせが出来る。アームハンマーの需要が高いと思われるので
Sは端数で良いかと思います。

余談ですが、ORASでのメガシンカで素早さがかなりアップするらしいです。S70→S100以上の場合は
今までメジャーだった意地っ張りから陽気への性格移行も有り得る話です。まあ、あくまで仮説ですが…

【シングル】眼鏡サンダー【育成論】



サンダー@拘りメガネ
特性:プレッシャー
性格:臆病
個体値:31-x-31-31-31-31
努力値:204-x-28-244-12-20
実数値:191-x-109-176-112-135
技構成:ボルトチェンジ/熱風/エアカッター/寝言

備考:
H 16n-1
HB メガルカリオの剣舞インファイトを最高乱数以外耐え
HD 化身ボルトロスの10万ボルトを最高乱数以外2耐え
C 眼鏡補正の効率上、偶数ぶっぱ
S 最速70族抜き


催眠メタの対象となるキノガッサ、メガフシギバナ、ビビヨンに重点を置いた型。特にポイズン型ガッサや身代わり蝶舞ビビヨンは嵌められると処理が重くなるので眠らされても2/3の確率で抜群技を引ける。

性格は控えめでも良かったのですが、最速キノガッサを抜くのにSを多く振る事になるのと抜ける範囲を増やしたかったので臆病で考えています。持ち物は防塵ゴーグルが良いのではと検討しましたが、サンダーの火力が足りなくなってしまう+催眠メタ以外の相手と殴り合いの際に押し負けてしまうのが嫌だったので案はボツに。

最近増殖してきたナットレイや相変わらず多いメガフシギバナ相手に熱風とカッターは重宝してます。


ダメージ計算:

ボルトチェンジ
H252マリルリが確定1
H252トゲキッスが確定2(81.2%~96.8%)
H252レパルダスが乱数1(25%)

熱風

D特化ナットレイ&メガハッサムが確定1
H252キノガッサが確定1

エアカッター
H252ビビヨンが確定1
H252メガフシギバナが確定2(68.4%~81.2%)

【シングル】スカーフニョロトノ【育成論】




ニョロトノ@こだわりスカーフ
特性:雨降らし
性格:臆病
個体値:30-x-30-30-30-31(メザ飛理想個体)
努力値:16-x-16-224-0-252
実数値:167-x-97-138-120-134
技構成:ハイドロポンプ/メザ飛/冷凍ビーム/---
候補技:波乗り・気合玉・アンコール・他

備考:
H 8n-1
HB 補正ありガブリアスの逆鱗耐え
C 156-28振りポイヒガッサがメザ飛行で高乱数1
  無振りガブリアスが冷凍ビームで超高乱数1(ステロダメ込みで確定1)
  H252ナットレイが気合玉で確定2
  H4メガガルーラが気合玉で確定2
  無振りガブリアスが雨波乗りで確定2
S スカーフ込みで最速130族抜き


前回、投稿した起点作りトノから趣向を変えての奇襲型です。

今回のは多めにCに振ってるので火力はそれなりにあり、単体選出も可能。それでも火力インフレのある現環境ではダメージがしょっぱいな~と思う時がたまにあります;;

スカーフトノはあまり警戒されないのか、突破できる相手が居座ってくれる時が多いのが嬉しい要素だったり。ガッサも襷型もしくは身代わりを張られていなければ見られる。

ただ、メザパ弱体化の影響は大きく、ブリガロンはおろかHDに厚く振っているガッサでも乱数になってしまったりと火力的に非力な面もある。

技構成的に最後の枠ですがスカーフアンコールというのは便利。後続に繋げたり、交代を促したりできるので補助技の中では最有力かな、と。

尚、イドンプ外しはご愛嬌と思って許してあげましょう()。ウチの子は自覚が足りないようで3連続外しとか余裕でやっちゃってくれたりしますので…(笑)
続きを読む

【シングル】ゴツメギャラドス【育成論】



ギャラドス@ゴツゴツメット
特性:威嚇
性格:腕白
個体値:31-31-31-x-31-31
努力値:228-12-220-x-4-44
実数値:199-147-139-x-121-107
技構成:氷牙/地震/挑発/---
候補技:滝登り・電磁波・毒毒・雪雪崩など

備考:
H 8n-1
A 端数
HB 補正ありメガガルーラの恩返し確定2耐え/補正ありメガクチートのじゃれつく確定2耐え(全て威嚇込み)
HD 補正ありギルガルドのシャドーボール確定2耐え
S 4振りクレセリア抜き/最速45族抜き

*H228-B188振りの時点で補正ありメガガルーラの恩返しを確定2耐え。

*配分のベースは228-0-188-x-4-44。残り44ポイントをA又はDに全振りするのもありだと
考えましたが、どちらも本来の役割である『物理受け』から逸れてしまうと思ったので却下。
結果的にメガクチートのじゃれつくを確定2耐えするラインまでBを引き上げました。

*Sのラインは4振りクレセリアを抜くラインまで振り、先手で挑発を入れるため。副産物として
最速45族まで抜け、メガデンリュウやロックカット型ゴローニャも倒すには至らないにしろ
一矢報いる事が可能になりました。


もはや説明不要の物理受け。威嚇+ゴツメで強力な物理アタッカーの抑止力となる。

配分は他ブログ等を参考にしつつも、乱数耐えラインで納得がいかなかったので自分で
調整してみることに。HBの調整で受けられる攻撃が変わるので腕白ギャラは面白いと
思いました。

Hは201まで上げようとも検討しましたが、そもそも投げラッキーの攻撃を4回耐えたところで
倒せませんし(卵産み考慮)、投げメガガルはゴツメダメを嫌って非接触技もしくは特殊技を
選択する可能性あり。それよりはステロ等の定数ダメを最小限に抑える方が優先度は高いと
見ました。

技構成としては滝登り+地震よりも範囲が被らなく、氷4倍の相手に与えるダメージが多くなる
氷牙+地震で準確定。S実数値はそれなりにあるので挑発も便利です。残りはお好みで。

RSリメイクの発売が近づいてきましたが、新メガポコモンの登場で物理環境から少しは
特殊環境に移転して欲しいと思う今日この頃です。火力インフレありすぎだろ…
続きを読む

【シングル】やどみがエルフーン【育成論】



エルフーン@残飯
特性:悪戯心
性格:図太い
個体値:31-x-31-31-31-31(A個体値は0推奨)
努力値:76-x-116-4-60-252
実数値:145‐x-132-98-103-168
技構成:宿木/身代わり/コットンガード/アンコール

備考:
H 16n+1
B 11n
C 端数
D 端数
S 252(最速100族抜き)

*C個体値はこの型では不問で問題ありません。4振りなのは耐久にこれ以上
振れず、イカサマや混乱ダメの関係上Aに入れない為です。

*アンコールは後続の起点作成に便利なので準確定としていますが、相手側の
挑発を封じるならアンコールの代わりに『挑発』を入れるのも手です。



どうも。今月入って最初の育成論です。

レートの海に潜ってるとたまに見かける可愛い子羊。人畜無害そうな顔して
とてもイタズラ好きな害悪ポコモン。嵌め戦術から起点作り要因、アタッカーまで
こなす。

アタッカー型はあまりいないですがやたらダメージ入るなーと思ったらまず
メガネっ娘ですり替えしてくるのでご用心。管理人も一度遭遇してますw

今回の型はやどみがしながらコットンでひたすら硬くなり、嵌め戦術を
ご披露するというもの。相手に草タイプがいないと詰むので選出を縛れたり、
物理に偏っているptにドヤ顔できるのでこれがこの型のポイントですね。

ただ、初手の攻撃を耐えられなかったり、挑発や身代わりされると
崩れる戦法なので案外脆い面も。前述したとおり、草には何もできないので
置物になる場合もある。特性『すり抜け』にも気をつけませう。

配分はHが残飯の効率が最も良い16n+1、Bが11n、余りがD振り。
で、何故S極振りかといいますと最速100族にいるメガチャーレムの
存在ゆえです。

大体の型は初手猫騙ししながらメガ進化。そしてバレットパンチを所持している
可能性ありなのでSで抜いていれば先制コットンで耐えてやどみがゲーに
持ち込めます。仮にバレパンではなく思念を打ってきたとしてもB3段階上昇後
なら余裕を持って耐えることが可能。あとはひたすらやどみがしながら遊びましょ。

準速であるもう一つのメリットは、配分が耐久寄りな同族イタズラっ子達より
先に行動できる点。できればレパルダスも抜いておきたいのですがSに補正が
掛かっていないと無理なのでこの配分では諦めましょう。

コットン積んだエルフはクレセリア並みに硬いので嵌めゲーが決まったら
あとは作業ですかね。

あ、技のPP増やしておくのは忘れちゃダメですよ。
続きを読む

【シングル】物理受けモロバレル【育成論】



モロバレル@ゴツゴツメット
特性:胞子(not再生力)
性格:図太い
個体値:31-x-31-30-31-30(メザ炎個体)
努力値:252-x-236-8-12-0
実数値:221‐x-132-106-102-50
技構成:光合成/ヘドロ爆弾/メザ炎/---
候補技:(イカサマ)、ギガドレイン、キノコの胞子、クリアスモッグ、その他

備考:
H 252
B 11n
HB 補正なしガブリアスの逆鱗超高乱数2耐え
HD 補正なし眼鏡サンダーの熱風耐え

*H252+B252振りで補正なしガブリアスの逆鱗を確定2耐え

*今回はメザ炎個体を採用していますがイカサマを使うのであれば通常個体でも良いと思います。
あくまで居座ってくるハッサムやナットレイにゴツメダメを入れるついでに一泡吹かせてやろうかなという単純な思考。メザ氷もありっちゃありだけど鋼に打点がなくなるのでやはりメザ炎>メザ氷ですね。

*技構成は型の仕様上、回復ソースが欲しいので光合成は確定。残りのウェポンはぶっちゃけご自由に。ただ、一貫性の高いヘドロ爆弾+メザ炎で大体の相手を殴る術はあるので準確定技としました。

*型のコンセプトは『ゴツメダメを稼ぎつつ、状態異常にして嫌がらせ』ですので過度な期待はしないように。眠りならラッキー、麻痺なら起点にでき、毒なら更にダメージを稼げるまさにスロットゲームのような子。




少し前まで努力値を振るたびに思ってた事があるんですよ。「あのきのこ、うざいなぁ」って。


いや、ちゃんと説明しないと判りませんねw

実は以前までウチの孵化補助兼空飛び要員であるファイアローさんが、育成用個体にポケルスを感染させるべくクノエの右ゲート潜った先にある草むら(道路名忘れた)に入ると、毎回タマゲタケに逢っちゃうんですよ(何故、クノエ?ドーピングアイテム買うからです、はい)。

そんでもってポケトレにも参加させるので必中技だし、PPも多いしで一番上に『つばめ返し』を覚えさせてるのでそれ行け!と突っ込ませると、高確率で特性で毒やら麻痺やら眠りにされて作業の邪魔をしてくれる。

で、冒頭に戻る、と。


そんな訳で思いついてしまったんですよ。この変態チックな型を。

まあ、物理接触技の蔓延する現環境においてこんな型もアリなんじゃないかな~と思って試しに補正なしメガガルーラの攻撃どれぐらい耐えるよ?と期待しつつダメ計を弾いて見ましたところ、笑うしかありませんでした。B特化したとしても陽気メガガルーラの恩返しで余裕の確定2発。物理受けが聞いて呆れる。

でも偶発対面で素直にポコポコ殴ってくれれば光合成で粘れてゴツメダメ稼げるし、あわよくば胞子で状態異常にしてやれるしで案外悪くないかも。

メガガルーラは置いておいて、他のポコモンはどうかと聞かれますとガブクラスの攻撃なら結構耐えるんですな、これが。でもって耐性を活かした受けを成立させればしっかり役割を遂行してくれる…(と思う)。

現時点では机上論なのでまだ何とも言えませんが、個体は作ってある(マジです)のでそのうちランダムで使ってみようと思います(笑)


ちなみに今では努力値振りの時にファイアローさんが火炎を放射します。焼き茸の一丁上がりですな。
続きを読む

【シングル】無限グライオン【育成論】

 ▼無限グライオン



グライオン@毒々玉

特性:ポイズンヒール
性格:腕白
個体値:31-31-31-x-31-31
努力値:228-0-68-x-0-212
実数値:179-115-169-x-95-142
技構成:身代わり/守る/
---/---
候補技:地震・地ならし・岩石封じ・炎の牙・ハサミギロチン・毒々など

備考:
H 16n+3
S 最速77族(ヒードラン)抜き
B 余り

ちなみに…
*H212+B44振りで補正なしガブリアスの逆鱗2耐え
*A28振りでH252ギルガルド、H252バンギラスを地震で確定2発


どうも、こんばんは。無限グライオン使ってみたくなったので育成論を考えてみました。
と言ってもややテンプレ型なので斬新さが足りない;;

無限型は『身代わり』+『守る』が確定技になるのですが残りの枠次第で見られる相手が
若干変わるのが面白いかなと。地ならしor岩石封じでS操作後に嵌めゲーを展開するもよし、
隙を見て毒吐いたり、ギロチンでプレッシャー掛けたりと実に嫌らしいですね。

PP枯らし戦法を取るなら相方はスイクンが適任。相性保管も良く、スイクンの特性も相まって
PPの減り具合が半端ないです。自分も知り合いの方にこれをやられた時はorzでした。

配分の調整はHが212(16n+1)、Bが44振りがベースで、Sはドラン意識なら
S212振りまで確定。Sを切るならもっとAとBに割いてもいいと思います。

ただ、基本的に各対戦時間が長くなってしまうのでレートには不向きかな、と。

以上で考察を終わりまーすノンノン

【シングル】スカーフ草ロトム【育成論】



カットロトム@拘りスカーフ
特性:浮遊
性格:控えめ
個体値:31-x-30-31-31-31(メザ氷理想)
努力値:252-0-0-36-0-220
実数値:157-x-127-143-127-134
技構成:リーフストーム/ボルトチェンジ/めざ氷/---
候補技:10万ボルト・悪の波動など

備考:
H 全振り
C 11n
S スカーフで最速130族抜き(スカーフ無しで最速70族と同等)


どうも、こんにちは。
マルチでFCロトムがやたら選出されるので育成論を考えてみました。

草ロトムは他のFCに比べ、弱点が多いものの圧倒的に多い水ロトムを
牽制できるのが強み。加えて電気にも関わらず地面を呼びにくいです。

ただ、上から叩かれると厳しいのでこの型はスカーフを所持。130族までに
不利な相手が多いので先手ボルチェンで逃げられるようにS振り。最速も
アリですが火力が足りなくなってしまうので控えめで妥協。

技構成は草・電気・氷で広い範囲を見れます。残り枠は完全にお好みで。
補助技を絡めても良いと思いますが個人的にトリックだけは非推奨。前述した通り、
130族までに苦手な相手がウヨウヨいるのでSは必要不可欠。

あと、シングル用と書きましたがマルチでも活躍できる配分だと思います。

続きを読む

【マルチ】晴れサポーターチェリム【育成論】

◆晴れサポーターチェリム




考察

おはようございます。久々の更新となります。

気がついた時には既に当ブログに広告が貼られてしまっていたので記事を書こうと
思い立った次第です。時間も取れましたしね(笑

管理人は相も変わらず、身内の友人とマルチバトルをやってます。XY発売当初から
頻繁にやっているのでかなりレベルの高い試合が毎度繰り広げられてます。
これis管理人の自慢です。そして、当然楽しい(=゚ω゚)b

前置きはこのくらいにして、チェリムの考察です。

チェリムの特徴といえば、種族値よりもサポート色の強い特性『フラワーギフト』ですね。

自分だけでなく、相方のADを上昇できるのは心強いです。ただ、これが発動できないと
置物と化して、マルチでは相方に負担が掛かると思うので「日本晴れ」の搭載は必須かなと
思いました。あとは、単体での攻撃手段とサポート技を絡めれば良いかと。

言わずもがなですがチェリムの相方はA種族値の高い子が望ましいです。個人的な意見
としては別に炎タイプでなくともいいですね。例を挙げるならバンギラスでしょうか。
砂状態でなくとも実質Dは上がるわけですし、水技半減にチェリムとの相性補完もGOOD
です。

さて、久しぶりの考察なのでやや短い文面ですがご容赦を!

それでは次の更新の際にお会いしましょうノシノシ。



育成論


【性格】臆病
【特性】フラワーギフト

【持ち物】残飯
【技】ギガドレイン(エナジーボール) 守る 日本晴れ 選択
【技候補】宿木、手助けなど

【努力値】H244 B12 C4 D28 S220
【実数値】176-x-92-108-102-146

【備考】
H 16n
HB 補正ありガブリアスの逆鱗耐え
HD 補正ありボーマンダの大文字耐え
S 最速80族抜き

【マルチ】珠キリキザン【育成論】




考察

こんにちは、お久しぶりです。

今日は少し時間が取れたので久々に新しい記事を書こうかと思い立った次第です。PCできる時間も限られているのでやや簡潔的にまとめます。

今回はマルチ用のキリキザンです。

マルチは4vs4のダブルバトルみたいな環境なのでダブルでよく使用される「守る」が活きる場面が多いです。というのも自分も知り合いとたまにマルチやっている時に守るが欲しい時があります。で、威嚇も撒いてくるポケモンも多いので負けん気キリキザンの特性が思わぬところで発動して逆転~なんて状況もありえるわけですよ。特にガルドはキングシールドを使わせないので相手も迂闊には使って来れません。聖剣を仮に持っていたとしてもこちらは一回守ってブレードフォルムにした後に返り討ちにすればいいだけの話です。

不意打ちは常に相手を縛れているので非常に重宝します。辻斬りは不意打ちをスカしてこようとする輩に無理やりダメを入れ、最後に悪技との補完にアイアンヘッド。準速バンギラス抜きなので鋼技でわからせます。ラス枠ですが個人的に守る推奨。でも身代わりや、ファストガードで相方のサポートも可能なので芸達者なポコモンですね。

Sはぶっぱでもいいのですが抜きたい相手がほとんどいなかったので珠ダメ最小を考慮してH振りに。これで丁度綺麗な数値になりました。


育成論

【性格】意地っ張り
【特性】負けん気

【持ち物】命の珠
【技】不意打ち 辻斬り アイアンヘッド 選択
【技候補】守る、身代わり、ファストガードなど

【努力値】H68 A252 S188
【実数値】149-194-120-X-90-114

【備考】
H 10n-1
A ぶっぱ
S 準速バンギラス抜き

続きを読む

【シングル】脱出ニョロトノ【育成論】

◆脱出ニョロトノ


考察

おはようございます。最近なぜか疲れ気味な管理人でございますorz。それはさておき、今回は前作でもよく使われた脱出ニョロトノの紹介といきます。

既に使われた方もいらっしゃるかもしれませんが脱出トノの最大のメリットは、

①不利対面→有利対面の作成
②後続(エース)の無償降臨。
③起点回避


になります。雨パならトノ→キングドラの降臨がしやすいですし、脱出ボタンを使用して滅びメガゲンガーのターン数稼ぎなどにも使われたりします。特にエースの無償降臨を作りたい場合などには重宝するアイテムだと思います。まあ、使用の仕方によってはいらん場合に発動したりして困る場面もなきにしもあらずと言った感じですかね。

今回の脱出ニョロトノはあくまでエース格であるキングドラやカイリューの場作りに特化した型ですので単体性能はほぼないです。あくまでサポート型なのでボタン消費後はなるべくラストに残さない立ち回りが要求されるでしょう。補助技をかなり覚えるのでアンコールや毒々で戦況を有利にしてから場を繋ぐのがお仕事です。耐久にガッツリ振ってるので1~2発は耐えてくれるでしょう。

と、今回はここまでです。

育成論とは全く関係ないのですが以前お話した私のグループの地方統一総当り戦が開幕しました。どの地方もかなりクセのあるポケモン揃いですのでメタを張れるところは張って後は立ち回りで何とかしよう、という心意気で始めました。

イッシュは強ポケ、害悪ポケこそ揃っているものの、相性補完をしっかりさせるのに手間取りました。それでも別地方の○○や××の選出はしやすい、といった具合ですね。

参加者は私も含め5人でカントー地方統一の方がいないのが残念です。まあ、人数不足だったので仕方がないのですが...^^;

現在進行形な大会で今のところは2勝獲得、ホウエン地方とカロス地方の方に勝利しました。泥試合になったり、運ゲーに持ち込まれてかなりきわどい試合でした。なんとか運も味方に付けているようですのでこのままの調子で頑張って行きたいです。


育成論

【性格】図太い
【特性】雨降らし

【持ち物】脱出ボタン
【技】熱湯/冷凍ビーム/選択/選択
【技候補】アンコール、滅びの歌、守る、毒々、気合玉など

【努力値】H252 B156 C4 D76 S20
【実数値】197-x-126-111-130-93

【備考】
H ぶっぱ
HB 補正ありカイリューの1舞逆鱗耐え/補正なしマンムーの地震2耐え
HD 補正なし帯化身ボルトロスの10万ボルトを最高乱数以外耐え
S 準速45族(ドサイドン)抜き

【シングル】瞑想クレセリア【育成論】

◆瞑想クレセリア



考察

おはようございます。今回はクレセリアの育成論です。

クレセリアはHBDが非常に高く、全ポケモン中でもトップクラスの耐久力を持つポケモン。素早さも準伝クラスではまあまあ高い方です。反面、単体での突破力に乏しい為ゴツメや毒毒などの定数ダメージもしくは味方のサポートをこなすのが一般的な運用方法です。

そこで考えられたのが瞑想型です。半端な物理、特殊攻撃を積みの起点にして火力を底上げでき、全抜きの可能性も見出せるのが今回のコンセプト。瞑想により特殊方面での突破法がほぼ不可能になります。ショックを確定採用するので輝石ラッキーでも止まりません。唯一の弱点は状態異常ですが先制で身代わりを貼れれば問題なし。

この型のクレセリアは壁構築との相性が良いのでライコウあたりで壁を貼ってからクレセリアに繋げられればより積みやすくなります。また、ライコウの弱点も浮遊でカバーできるのも美味しいです。

起点作成後のクレセリアは相手のSが遅い、もしくは特殊に偏っていると残飯の回復量で攻撃がほぼ無効化されるので相手の急所待ちや降参する試合が多かったのでハマれば強い印象でした。反対にBにはそれほど振っていないのでB特化クレセリアよりも物理には脆くなるので使いどころを見極めなければいけませんでした。

相手を選ぶので特殊ポケかつ相性が悪くなければタイマン性能はなかなか確保されている型だと言えます。


育成論

【性格】臆病
【特性】浮遊

【持ち物】残飯
【技】サイコショック/瞑想/身代わり/選択
【技候補】ムーンフォース、草結び、めざパ炎、格闘、地面など

【努力値】H236 B4 C36 D12 S220
【実数値】225-x-141-100-152-146

【備考】
H 16n+1
HB 補正ありガブリアスの逆鱗最高乱数以外2耐え
HD 瞑想1積みで補正ありウルガモスの虫のさざめき2耐え
S 最速80族抜き


▼与ダメージ(参考)


サイコショック→B特化輝石ラッキー

4積みで確定3発
6積みで確定2発

ムーンフォース→D特化バンギラス

3積みで確定3発
6積みで確定2発

めざパ炎→D特化ハッサム

1積みで確定2発
4積みで確定1発

めざパ格闘→H252メガバンギラス

3積みで確定2発
6積みで低乱数1発

めざパ地面→H252振りヒードラン

1積みで確定2発
4積みで確定1発

*低火力ゆえにかなり積まないといけませんが4倍弱点は割と早い段階で確定2発に持っていけます。

【シングル】眼鏡ボルトロス(霊)【育成論】

◆眼鏡ボルトロス(霊)



考察

はい、こんにちは。今回は霊獣ボルトロスの育成論です。といっても既に自分はこの調整を使ってますが()

霊獣ボルトロスといえば地面無効の電気タイプ、電気無効の特性、C種族値145から繰り出される電気技が強力なポケモン。第5世代ではよく雨パのお供に採用されていました。特にニョロトノとの相性補完が優れていたのでトノボルト選出がされやすかったのではないでしょうか。

今回は眼鏡を持たせることで高い特攻に拍車がかかります。持ち物のお陰でCにそんなに振らなくても高火力が出せるので耐久調整がしやすくなっています。そして調整先はよく見るガブリアス。エッジ持ちのガブリアスは珍しくないのでそれに合わせてHBを調整。Sは最速100族であるメガがルーラ抜き、そして余りをCに振っています。

この型のボルトロスの最大の持ち味はなんといっても先発起用によるボルトチェンジ。有利対面なら交代読みでボルトチェンジが安定しますし、眼鏡補正による圧力にも期待できます。そして耐久調整をある程度施しているため、多少の不一致抜群技なら耐えられる安定感が魅力です。自分はこの型を雨パで採用していますがほとんど先発をボルトに任せています。非常に心強いです。やはり準伝は種族値が違いますね。

他にも相性が良いのは電気技を呼ぶパルシェン、スイクンあたりでしょうか。このあたりの組み合わせは有名な方ですし、見れる範囲も広いです。半減技に対してはある程度の後出しも利くポケモンなので優秀です。

以上、霊獣ボルトロスの調整案でしたノシ。



育成論

【性格】臆病
【特性】ちくでん

【持ち物】こだわり眼鏡
【技】ボルトチェンジ/雷/めざパ氷/気合玉

【努力値】H164 B32 C60 S252 (B個体値はU)
【実数値】175-x-94-173-100-168

【備考】
H 16n-1
HB 陽気ガブリアスのエッジを確定耐え
C 端数
S ぶっぱ


▼与ダメージ

ボルトチェンジ:
H252トゲキッスが確定2発(79.1%~94.7%)

雷:
H252スイクンが確定1発

めざパ氷:
H252ガブリアスが確定1発

気合玉:
H4メガガルーラが確定1発

▼被ダメージ

A177メガガルーラの恩返しが乱数1発
A200ガブリアスの逆鱗が確定2発
C152スターミーの珠冷凍ビームが確定2発
C182ラティオスの流星群が確定2発

【シングル】珠パルシェン【育成論】

◆珠パルシェン



考察

はい、毎度お馴染みの珠パルシェンです。

基本はHA珠パルですがレートで数の多いサザンガルドに合わせて調整しました。舞った状態ならばサザンはおろかH振りギルも確定2発に入ります。Sの調整先をスカーフサザンにしたのでその型に対しても強気に氷柱を連発できます。また、化身ボルトもそこそこいるので電磁波テロを防ぎながら礫で吹き飛ばせます。等倍が取れる範囲がなかなか広いので3タテも難しくないでしょう。ただ、鋼には無力なので選出には十分注意を。

また、構成を礫→シェルブレードに変えることで更に見れる範囲が広がりますがボルトに弱くなります。また、これでもメタグロスやギルはきついものがあります。そこはパーティに合わせて調整がよいでしょう。

地味にHを8n-1にしてあるので火傷が入ってもとりあえず最小ダメ+殻破り後ならランクマイナスにはなりません。

お勧めはアンコールや壁などの補助技で起点を作ってからの方が破りやすいと思います。隙を見せたらマズイポケモンなんで相手側にいるときは慎重にならざるを得ないですね。



育成論

【性格】意地っ張り
【特性】スキルリンク

【持ち物】命の珠
【技】氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

【努力値】H76 A252 S180
【実数値】135-161-200-ⅹ-65-113

【備考】
H 8n-1
A ぶっぱ
S 準速60族、最速50族抜き/殻破り後、準速スカーフサザンドラ(98族)抜き


▼与ダメージ

氷柱針:
H252ローブシンが殻破り後、確定1発
H252SFギルガルドが確定2発

ロックブラスト:
H252FCロトムが殻破り後、最低乱数以外1発

氷の礫:
H252ボルトロスが殻破り後、確定1発

▼被ダメージ

A211ローブシンの珠マッパがランク1ダウン状態で乱数1発 (6.3%)
A200ガブリアスの鉢巻逆鱗が確定2発

【シングル】チョッキ零度スイクン【育成論】

◆チョッキ零度スイクン



考察

どうも、こんにちは。ポケバンクが解禁されてから一気に個体数が増えた零度スイクンの型考察をしてみようと思います。

零度スイクンは水単タイプ、優秀な種族値ゆえに受け性能が高いです。更に、高スペックな上に一貫する絶対零度、神速持ちの個体です。打たれ強く、相性が悪い相手を呼んでも零度で返り討ちにすることができます。そして地味に神速によるタイマン性能も確保できるという至れり尽くせりなスイクン。しかもレートで増えたんだから対策は必須になってくると思います。かなり運に揺さぶられることになると思いますが()

(※)第6世代では特別な技を覚えている場合、技思い出しが可能だという情報がありましたが友人の方に検証して頂いたところ不可でした。ですので、くれぐれも零度と神速は忘れさせないよう注意した方が良いですね。

そもそも零度スイクンは基本的に零度と神速は通常スイクンとの差別化の為に抜けない+技スペース的に補助技はキツイので突撃チョッキとの相性がGOODです。レートで使用されている型のスイクンもこの持ち物が多いと思うのでそれを前提に型を2つ考えました。

XYによりチョッキスイクンが誕生したのでD方面は非常に硬いでしょうから物理電気、草技の需要が増してくるんじゃないかと思います。特にメガノオーのウッドハンマーあたりが候補でしょうか。

とにかくレートで当たったら零度を撃たれる前にさっさと処理するしかないですね。ポケモンは運ゲーと言わんばかりのおっかないスイクンです。自分もできれば当たりたくありません(-_-;)



育成論

【特性】プレッシャー
【性格】のんき

【持ち物】突撃チョッキ


★調整案① 耐久型

【努力値】H252 B204 D52
【実数値】207-95-177-110-142(213)-94

【備考】

H:16n-1
HB:補正なしメガガルーラの恩返し2耐え
HD:補正なし霊獣ボルトの眼鏡雷耐え/補正なし化身ボルトの10万2耐え

耐久型のスイクンです。耐久に厚く振るメリットとしては多くの攻撃を
耐える事で零度の試行回数を稼ぐ事にあります。Cは無振りなので
最小限の役割しか持たせられませんが、零度があることで他の耐久型
ポケモンとは異なり積みの起点にされにくいことです。


★調整案② アタッカー型

【努力値】H252 B36 C92 D36 S92
【実数値】207-95-154-122-140(210)-105

【備考】

H:16n-1
HB:補正ありガブリアスの逆鱗を最高乱数以外2耐え
HD:補正なし霊獣ボルトの眼鏡雷耐え/補正なし化身ボルトの10万を最高乱数以外2耐え
C:冷凍ビーム+神速でH4orB4ガブリアスを確定1発
S:準速ラッキー抜き抜き抜き

アタッカー寄りのスイクンです。防御面は最低限の数値に留めてレートで
もっとも採用されているガブリアスを意識した型です。また、ラキグライの
受けループ、最近多い零度スイクンのミラー対決にも強気に出られます。
火力と耐久の両立ならこちらが安定します。


【技構成】

ちなみに技構成は個人の好みですが基本系は、
水技/冷凍ビーム/零度/神速

になります。①は耐久型なので火傷狙いで熱湯、②は少しでも火力を
上げる為に波乗りをお勧めします。ハイドロポンプはPPと命中不安があるので
個人的には非推奨です^^;


※与ダメ、被ダメ計算はありません。
※コメントにてご指摘があったので記事を読み返して見たところ、特別な技が思い出し可能
となっていたのを発見し、修正致しました。失礼致しました(8/5)

【シングル】HDメタグロス【育成論】

◆HDメタグロス



考察

はい、というわけで耐久ベースのメタグロス育成論です。

知っている方も多いと思いますが前作での600族。優秀なタイプ耐性に高い種族値、覚える技のレパートリーも豊富な鋼タイプ。しかし、XY移行に伴い悪と霊が抜群になってしまった上、メインウェポンであるコメットパンチまで威力低下されてしまいました。

等倍だった悪と霊に耐性がなくなったのは逆風ですが、特殊技もかなり威力を下げられた為、Dに回す分が減り他のステータスを上昇させる事ができました。耐久にがっつり振ることでサイクル戦に強く出られます。もっとも警戒すべきは大文字などの高火力炎技ですが大抵の抜群技なら耐えてくれますので相手を選べばよく働いてくれます。管理人も耐久ベースのメタグロスは使ったことがあるのですが扱いやすかったです。

メインウェポンは思念の頭突き+タイマン性能に優れるバレットパンチは確定。更に今作からメガシンカを得たバンギラスに対抗する為、アームハンマーを搭載。たとえ乱数1発になってもバレパンでトドメを刺せます。思念orアムハン→バレパンで多少の火力不足も補強できるのがポイントです。毒々は呼ぶ耐久型(クレセリア、スイクン、ヤドラン、ブルンゲルなど)に刺さるので後続のサポートも可能。


持ち物は火傷をケアできるラムが理想ですが、その他にも耐久を損なわずに火力アップできる帯やプレート、オボンなども候補に挙がります。基本的に何を持たせても機能すると思います。

個体数こそかなり減ったものの、XYになってもメタグロスさんは健在です(`・ω・´)


育成論

【性格】意地っ張り
【特性】クリアボディ

【持ち物】ラム、帯、プレート、オボンなど
【技】バレットパンチ/思念の頭突き/アームハンマー/毒々

【努力値】H252 A44 B44 D148 S20
【実数値】187-177-156-x-129-93

【備考】
H ぶっぱ
A 11n+余り
B A181テラキオンの剣舞インファイト耐え
D C222メガゲンガーのシャドーボール耐え
S 準速40族(ドサイドンなど)抜き

▼与ダメージ

175-171メガバンギラスをアムハン+バレパンで確定1発
207-131バンギラスをアムハン+バレパンで確定1発
167-110テラキオンを思念+バレパンで確定1発
135-101メガゲンガーを思念の頭突きで確定1発

▼被ダメージ

A194メガガルーラの地震が確定2発
A200ガブリアスの地震が確定2発
A204カイリューの1舞地震が確定2発
A237メガバンギラスの噛み砕くが確定2発
C194サザンドラの珠大文字が低乱数1発 (18.8%)
C197シャンデラの火炎放射が確定2発
C177アグノム/C178ボーマンダの珠大文字が確定2発

【シングル】毒まもヒードラン【育成論】

◆毒まもヒードラン



考察

こんにちは。割と有名な毒まもドランの考察です。

BW2末期でもこの型は流行ってましたが現在のXYレート環境でも十分活躍できる型です。理由はというとアローの出現、フェアリーの追加により、この子の特性、複合タイプが生かされる場面が多いからです。身代わりを貫通するすりぬけや虫のさざめき、爆音波などの逆風もありますが特性すりぬけのポケモンは少ない上、相性的にドランが有利ですし、さざめきや爆音波は半減なのでそれほど気になりません。また、ドランに繰り出される耐久ポケに毒を入れられるのは美味しいです。

補足説明すると、身代わりは主に交代読みでの安定行動、守るは毒のターン稼ぎになります。マグストと毒々のコンボは強力ですが威力が低下したのと元々命中75と低いのでここぞという時に外れます(経験談)。最低限の役割を持たせたいなら放射の方をお勧めします。C4振りとはいえ、D特化ハッサムは勿論、ナットレイでも中乱数になります。

あと、この型の最大のメリットはかなり厄介な壁張りニャオニクスに強い事です。向こうからの有効打はほぼないので壁貼ってる隙に身代わりを作り、相手が交代してきた時に毒をいれて身代わり+守るでそのまま毒殺できます。大抵の壁張りの後は積んでくるポケモンばかりなのでたとえ先手を取られても身代わりを貼り続けていればノーダメージで済みます。メガガルーラは例外ですけどね()


本当は某ブログの育成論に載ってたやつですが6世代移行のせいか、ダメ計の仕様が変更されてましたので調整し直しました。予めご了承下さい。


育成論

【性格】臆病
【特性】もらい火

【持ち物】残飯
【技】マグストor火炎放射/毒々/身代わり/守る

【努力値】H212 B12 C4 D28 S252
【実数値】193-×-128-151-130-141

【備考】
H 16n+1
HD C126FCロトムのボルチェンを身代わり耐え
HB A200ハムの鉢巻バレットを身代わりが2回耐える/剣舞珠バレットを身代わり耐え
S 最速
C 端数

※与ダメ、被ダメ計算はありません。

【シングル】竜舞メガギャラドス【育成論】

◆竜舞メガギャラドス



考察

どうも、こんにちは。最近、というか少し前からランダムマッチで対面するメガギャラドスが強いと実感したので型を考えてみました。

ギャラドスは元々、タイプ相性が優秀なのでかなり後だしが利くポケモンだと思います。更に特性「威嚇」が入るので若干物理受けとしても機能しますし、サイクル戦でも立派に働いてくれるので扱いやすいです。そして、今作からメガシンカの可能性を得た事とメガシンカ後のタイプ耐性ががらりと変わる為、相手に読み合いでのプレッシャーを与える事もできます。

今回の型の肝は竜の舞。前作からでもこれはありましたが更にメガギャラドスになることにより、Aが飛躍的に上昇します。これによって、高い全抜き性能を誇ります。技構成が滝登り・氷牙・地震によって広い攻撃範囲と型破りによる浮遊や頑丈、マルチスケイル持ちのポケモンに打点が持てます。また、積み技を使用する上での天敵となる天然も貫通するのでたまに見かけるピクシーやヌオー(貯水も無効化)にも強く出られます。

性格はS135族のメガライボルトを1舞で抜く陽気で確定。Aは補正がかかっていないので火力を最大限に生かす為、全振り。それに加えてHBDに振り分けて完成です。正直、BDの振り方は個人の好みでいいと思いますが物理先制技を意識する為、B振りは欠かせません。耐久無振りでもかなり耐えられる子なのでメガギャラドスは心強い味方です。


育成論

【性格】陽気
【特性】威嚇→型破り

【持ち物】ギャラドスナイト
【技構成】滝登り/竜舞/氷牙/地震

【努力値】H36 A252 B12 D12 S196
【実数値】175-207-131-x-152-138

【備考】
*H:16-1調整
*A:全振り
*S:準速85族/最速73族抜き
一舞後→最速135族/準速スカーフ85族/最速73族抜き
*BD:端数


▼与ダメージ

滝登り:

無振りドリュウズが確定一発
B特化Hロトムが一舞滝登りで確定1発
207-170メガバンギラスが確定2発

氷の牙:

無振りカイリューが確定一発
209-115ガブリアスが一舞氷牙で確定1発
197-90ヌメルゴンが一舞氷牙で乱数1発 (12.5%)

地震:

無振りメガライボルトが確定一発
157-149FCロトムが一舞地震で確定1発
174-136ドータクンが乱数1発 (93.8%)

▼被ダメージ

A211ローブシンのドレインパンチが確定2発
A211鉄拳ローブシンの珠マッハパンチが確定2発
A244メガガブリアスの逆鱗が確定2発
A189バシャーモの飛び膝蹴りが確定2発 (威嚇込み)
A177メガガルーラの捨て身タックルが確定2発
C222メガゲンガー/C227メガフーディンの気合玉が確定2発
C205メガライボルトの10万ボルトが確定2発
C191メガフシギバナのギガドレインが確定2発
C197霊獣ボルトロスの10万ボルトが確定2発
C197霊獣ボルトロスの眼鏡ボルトチェンジが乱数1発 (25%)

【シングル】両刀メガユキノオー【育成論】

◆両刀メガユキノオー◆



考察

どもです、こんにちは。今年もとうとう残り僅かですね。これが多分今年で最後の記事になると思いますが育成のお役に立てれば幸いです。寒い中、こんな寒いポケの育成論で悲鳴を上げないで下さい(笑。

今回はXYで新たにメガシンカの可能性を得たメガユキノオーです。襷が持てなくなった上、鈍足になり使いづらくなった印象はありますが攻撃面・耐久面がかなりパワーアップし、相当の一致抜群技を受けなければ耐える程にはなりました。たったH振りだけであのラティオスのメガネ流星まで耐えられます。その為、メジャーな水・地面・電気への後だしが容易になり、重火力でサイクル戦を有利に運べます。


性格は基本的にSに下降補正がかかる冷静か勇敢が良いでしょう。物理、特殊どちらからでも相手に圧力を掛けていけるので両刀型で考えました。ランダムマッチでは竜舞メガギャラドスが脅威なのでウッドハンマーで確実に狩れる勇敢を採用。氷の礫の火力もアップするので例えHP僅かでも礫で相手を縛れます。また、採用されやすいWロトムも処理できるのが心強い。

最遅にすればトリルエースとしても機能するのでダブルやトリプルでもこの型は使用できるでしょう。

BW2ではノオーガブが有名でしたがフェアリーの登場でガブリアスがこだわりアイテムを持つことはほぼなくなりました。その為、ガブ以外での相性補完に優れるのはシャンデラです。この2匹に等倍が取れるタイプは少ないので優秀な組み合わせと言えるでしょう。


最後になりますが、ユキノオーとそのメガシンカの特性が2重の雪降らしなので天候の奪い合いには強くなりました。天候を(メガシンカ含めて)2回上書きできますし、Sが下がったので天候要因の中ではカバルドンより遅くなりました。これにより天候アドバンテージを取ってくる相手(日照り要員以外)の妨害ができます。

それでは皆さん、良い年を(・ω・)/



育成論

【性格】勇敢
【特性】雪降らし

【持ち物】ユキノオナイト
【技構成】吹雪/ウッドハンマー/選択/選択
【候補】氷の礫・宿木の種・守る

【努力値】252-172-0-84-0-0
【実数値】197-191-125-163-125-50

【備考】
H→全振り
A→ウッドハンマーでH252メガギャラドスが確定1発
C→H4カイリューがマルチスケイル込みで確定1発

※C52振りで上記のカイリューが確定1発のライン


▼与ダメージ

吹雪:
197-187ヌメルゴンが確定2発(55.8%~67%)
209-105ガブリアスが確定1発

ウッドハンマー:
175-171メガバンギラスが乱数1発(12.5%)
202-178ヤドランが確定2発( 72.2%~86.1%)

氷の礫:
161-100オンバーンが確定1発
209-115ガブリアスが確定2発(74.6%~88%)

▼被ダメージ

A199ハッサムの鉢巻バレットパンチが確定2発(82.2%~97.4%)
A193メガガルーラの捨て身タックルが確定2発(79.6%~94.4%)
A221ギルガルドのアイアンヘッドが確定2発( 82.2%~97.4%)
C182ラティオスのメガネ流星群が確定2発(81.2%~95.9%)
C181ラティオスの珠めざめるパワー炎が
乱数1発 (37.5%)
C190メガフシギバナのヘドロ爆弾が確定2発(79.1%~94.4%)

【シングル】物理受けヤドラン【育成論】

◆物理受けヤドラン◆




HP95 攻撃75 防御110 特攻100 特防80 素早さ30

【夢特性】再生力:バトルから引くと最大HPの1/3だけ回復する


考察
こんにちは、こんばんは。最近レートに潜っていると強力な物理アタッカーが蔓延っているので物理受けを考察したいと思いました。第5世代でもお馴染みのゴツメヤドランです。

この型は物理接触技を使ってくる相手に対して投げ、電磁波打って怠けるでしぶとく再生していく型です。メガガルーラなど多少強引に突っ張ってくる敵でも痺れる可能性と先手で怠ける連打で優位に立てます。また、相手が勝手に定数ダメージで削れていくのも強み。

とにかく麻痺をばら撒き、後続のサポートをこなしつつ、物理を流していけば消耗戦は有利。苦手な相手からは逃げ、減った体力を特性で回復できるのも美味しい。


Cはあまり振っていないので火力不足ではありますが、メガバシャーモやメガルカリオ程度の紙耐久ポケならゴツメと併せて倒す事ができます。

Bは全振りでもいいのですがこの方が数値的に綺麗に仕上がったのでこの振り方にしました。第6世代でも安心して物理アタッカーに投入していける安定感があります。



育成論
【性格】図太い
【特性】再生力

【持ち物】ゴツゴツメット
【技構成】サイコキネシス/波乗り/電磁波/怠ける

【努力値】244-x-236-12-12-4
【実数値】201-x-176-122-102-51

【備考】
H:3n
B:11n
C:端数
D:C172FCロトムの10万ボルトを超高乱数耐え
S:麻痺した130族・麻痺したスカーフ70族抜き



▼与ダメージ

サイコキネシス:
155-125メガヘラクロスが確定2発(65.8%~77.4%)

波乗り:
155-100メガバシャーモが確定2発(81.2%~96.7%)


▼被ダメージ

A244メガガブリアスの逆鱗が乱数2発 (77.3%)(46.7%~55.7%)
A233メガバシャーモの飛び膝蹴りが乱数4発(23.8%~28.3%)
A216メガルカリオのインファイトが確定4発(
27.8%~32.8%)
A194メガガルーラの捨て身タックルが確定2発(56.7%~67.1%

【シングル】眼鏡ランターン【育成論】

 ◆眼鏡ランターン◆



HP125 攻撃58 防御58 特攻76 特防76 素早さ67

【通常特性】
逐電:電気タイプの技を受けると無効化し、最大HPの1/4だけ回復する
発光:手持ちの先頭にいると、野生ポケモンが出現しやすくなる

【夢特性】
貯水:水タイプの技を受けると無効化し、最大HPの1/4だけ回復する


考察

どもです!皆様、如何お過ごしでしょうか?今回は当ブログのシンボル(?)となってしまったランターンの育成論です。

ランターンといえば水・電気という優秀な複合タイプ、無効化できる特性、割と耐久のあるポケモンです。弱点である地面を呼びにくい電気タイプですね。管理人もBW2末期のレートでは大変お世話になった子です。

この育成論の原型自体はポケ轍様に投稿されているものですが、これは現環境に合わせてチューンナップした型です。元々は対雨パ仕様でしたが、もうレートでさほどトノグドラを見ることがない+近々スナイパー型が流行りだす傾向があるのでグドラはもう意識していません。急所流星群なんていくらランターンの耐久といえど耐えられませんからね(笑

主な役割は眼鏡による広範囲への圧力ボルトチェンジで苦手な相手からダメージを与えつつ、有利対面を作る事です。

この型はクレセドランと併せて使用するのがお勧めです。受けループを維持しながら相手の消耗を待つのに特化した型と言えます。かなりD方面に振っているので特殊水や電気に繰り出しながら相手の交代読みでボルチェンを決めていきます。今の環境ではFCロトム(ヒート・ウォッシュ)がかなり使われているのでそれらに刺さります。

その一方で注意しなければいけないのは乾燥肌エレザードやファイアローに後だししない事です。エレザードにはノーマル技がありますし、ファイアローは物理面が脆いので珠ブレバでHPの半分は削られるので受けだしは安定しません。

Sは準速ドサイドンまで抜いてるので例えD特化チョッキ型でもハイドロポンプで貫通できます。中速である70族抜き調整している型も多そうなのでそれを更に1上回ることで優位に立てます。

肝心の電気技ですがこれは完全に好みでいいと思います。10万ボルトは安定技ですが若干の威力不足、雷は決定力ありますが素での命中不安があります。対雨意識なら雷に軍配が上がりますが、正直グドラだけは相手にしたくありません。眼鏡雷でも耐久無振りグドラを確定1発にできないので...^^;

それでは皆さんの検討を祈ります。それとレートの早急な復活を祈りましょう(`・ω・´)



育成論

【性格】控えめ
【特性】逐電

【技】ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/冷凍ビーム/10万ボルトor雷
【持ち物】こだわり眼鏡

【努力値】4-x-20-252-188-44
【実数値】201-x-81-140-120-93

【備考】
H:4n+1
C:全振り
D:補正ありウルガモスの珠舞さざめきを確定耐え(84%~99.5%)
S:準速ドサイドン抜き・4振り70族抜き抜き
B:端数


▼与ダメージ

ハイドロポンプ:
207-250(砂嵐下)バンギラスが確定2発(50.2%~60.8%)
222-175チョッキドサイドンが確定1発(102.7%~121.6%)

ボルトチェンジ:
148-91ゲッコウガが確定1発(125.6%~147.2%)

冷凍ビーム:
197-170ヌメルゴンが乱数2発(2%)(42.6%~50.7%)

10万ボルト:
197-120ニョロトノが乱数1発(50%)(91.3%~107.6%)

雷:
197-133ニョロトノが確定1発
207-135スイクンが乱数1発 (62.5%)

▼被ダメージ

A189バシャーモの飛び膝蹴りが乱数1発 (6.3%)
C182ラティオスの眼鏡流星群を確定耐え(83.5%~98.5%)

【シングル】HAメガハッサム【育成論】

 ◆HAメガハッサム



HP70 攻撃150 防御140 特攻65 特防100 素早さ75
【特性】テクニシャン:威力60以下の技の威力が1,5倍になる


考察

こんにちは&こんばんは。今日から12月入りですね。ポケバンク解禁後は対戦環境が激変しそうな予感がします。なので解禁後のポケモンも視野に入れつつ、育成論を考えてみました。

今作ではメガシンカがバトルの鍵を握ってるのでこれからはメガシンカポケモンも考察していきます。今回はBW2でもよくあったHAベースの、メガハッサムです。

基本はBCが十分足りてるので少ないHPを補強して物理、特殊方面を強化できるように調整しました。これによって大抵の攻撃を一発は耐えてくれます。ある程度Dにも振っているのでフェアリーに後出しは利きます。

また、攻撃面も剣舞からのバレットや蜻蛉しつつ有利対面を作るなどといった器用な動きができます。燕返しは交代で出てきそうなウルガモスに一矢報いたり、硬いメガフシギバナを起点に光合成の回復量を上回る火力を叩き込めます。鈍足格闘にも打点があるのは便利。

ちなみに管理人は既にこの型を使用していますが使いやすいです。攻撃力、耐久力共にあるので安心してエース枠としての機能を果たしてくれます。

ただ、やはり注意すべきなのは不意の炎技。キッスやメガクチートが覚えている可能性があるので対面する相手には気をつけましょう。放射や炎の牙を持っているのに悠長に舞って足元を掬われたりしたら目も当てられないので。



育成論

【性格】意地っ張り
【特性】テクニシャン

【努力値】236-236-4-x-20-12
【実数値】175-220-161-x123-97

【持ち物】ハッサムナイト
【技構成】バレットパンチ/蜻蛉帰り/燕返し/剣舞

【備考】
H:16n-1
A:11n
B:端数
D:ニンフィアのスキン破壊光線が中乱数2
S:4振り75族抜き


▼与ダメージ

バレットパンチ:
192-115トゲキッスが確定2発(68.7%~81.2%)
(剣舞バレット:)
183-116ガブリアスが確定2発(
71%~84.1%)

蜻蛉帰り:
227-154クレセリアが確定2発(
51.1%~60.7%)

燕返し:
212-115ローブシンが確定2発(62.2%~73.5%)


▼被ダメージ

182ガブリアスの剣舞地震が確定2発(72.5%~86.2%)
222ギルガルドの珠シャドーボールが確定2発(62.2%~73.7%)

【シングル】珠ゲッコウガ【育成論】

◆珠ゲッコウガ◆



HP72 攻撃95 防御67 特攻103 特防71 素早さ122

【特性】激流:HPが1/3以下になると、みずタイプのわざの威力が1.5倍になる。
【夢特性】変幻自在:直前に使ったわざのタイプになる。



考察

こんにちは、こんばんは。第6世代初の育成論紹介です。

今作から登場した水・悪複合の御三家の一匹。可愛らしかったケロマツから一転して凛々しくなりました(ry。攻撃と特攻がそこそこ高く、素早さは122と過去作で登場した御三家を全て上回っています。種族値はやはり速攻型のアタッカー向きと言えるでしょう。

耐久力があまりなく打たれ弱い部類のポケモンなので今回は純粋な速攻アタッカーとして活躍させようと思います。また現在はポケバンク未解禁なので採用率の高いゲッコウガとのミラーマッチを強く意識しています。

まず、Sは最速で確定です。最速にするメリットは近い種族値である120族やスカーフ最速60族(主にバンギやノオー)を抜いておくことで上から殴られる可能性をできるだけ低くします。

次に火力ですがこれは特性「変幻自在」による全ウェポン1,5倍と命の珠による補強で十分補えます。変幻自在は自身のタイプそのものを変えられるので攻撃面だけでなくタイプ耐性も変化させられるので便利です。相手が電光石火やマッハパンチなどの先制技を使ってきても影うち選択でそれらを無効化できます。

基本はなるべく先発起用で相手に火力を押し付けて退場というシンプルなものですが、その分扱いやすいと思います。

※尚、タマゴ技についてはまだ解析されていないのでレベル技と技・秘伝マシン使用による構成です。



育成論

【性格】無邪気
【特性】変幻自在

【努力値】12-0-0-236-0-252
【実数値】149-115-87-153-81-191

【持ち物】命の珠
【技構成】波乗り/悪の波動/草結び/影撃ち


【備考】
H:10n-1
S:最速


▼与ダメージ

波乗り:
183-106ガブリアスが確定2発(53%~62.2%)

悪の波動:
167-170ギルガルドが確定2発(65.2%~76%)

草結び:
148-91ゲッコウガが確定1発(102%~120.9%)

影撃ち:
136-100メガゲンガー確定2発(51.4%~63.2%)

▼被ダメージ

182ガブリアスの逆鱗が中乱数1発 (68.8%)
182ラティオスの流星群が高乱数1発 (87.5%)

※ラティオスはあくまで特殊攻撃の指標です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。