スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】毒まもヒードラン【育成論】

◆毒まもヒードラン



考察

こんにちは。割と有名な毒まもドランの考察です。

BW2末期でもこの型は流行ってましたが現在のXYレート環境でも十分活躍できる型です。理由はというとアローの出現、フェアリーの追加により、この子の特性、複合タイプが生かされる場面が多いからです。身代わりを貫通するすりぬけや虫のさざめき、爆音波などの逆風もありますが特性すりぬけのポケモンは少ない上、相性的にドランが有利ですし、さざめきや爆音波は半減なのでそれほど気になりません。また、ドランに繰り出される耐久ポケに毒を入れられるのは美味しいです。

補足説明すると、身代わりは主に交代読みでの安定行動、守るは毒のターン稼ぎになります。マグストと毒々のコンボは強力ですが威力が低下したのと元々命中75と低いのでここぞという時に外れます(経験談)。最低限の役割を持たせたいなら放射の方をお勧めします。C4振りとはいえ、D特化ハッサムは勿論、ナットレイでも中乱数になります。

あと、この型の最大のメリットはかなり厄介な壁張りニャオニクスに強い事です。向こうからの有効打はほぼないので壁貼ってる隙に身代わりを作り、相手が交代してきた時に毒をいれて身代わり+守るでそのまま毒殺できます。大抵の壁張りの後は積んでくるポケモンばかりなのでたとえ先手を取られても身代わりを貼り続けていればノーダメージで済みます。メガガルーラは例外ですけどね()


本当は某ブログの育成論に載ってたやつですが6世代移行のせいか、ダメ計の仕様が変更されてましたので調整し直しました。予めご了承下さい。


育成論

【性格】臆病
【特性】もらい火

【持ち物】残飯
【技】マグストor火炎放射/毒々/身代わり/守る

【努力値】H212 B12 C4 D28 S252
【実数値】193-×-128-151-130-141

【備考】
H 16n+1
HD C126FCロトムのボルチェンを身代わり耐え
HB A200ハムの鉢巻バレットを身代わりが2回耐える/剣舞珠バレットを身代わり耐え
S 最速
C 端数

※与ダメ、被ダメ計算はありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。