スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】竜舞メガギャラドス【育成論】

◆竜舞メガギャラドス



考察

どうも、こんにちは。最近、というか少し前からランダムマッチで対面するメガギャラドスが強いと実感したので型を考えてみました。

ギャラドスは元々、タイプ相性が優秀なのでかなり後だしが利くポケモンだと思います。更に特性「威嚇」が入るので若干物理受けとしても機能しますし、サイクル戦でも立派に働いてくれるので扱いやすいです。そして、今作からメガシンカの可能性を得た事とメガシンカ後のタイプ耐性ががらりと変わる為、相手に読み合いでのプレッシャーを与える事もできます。

今回の型の肝は竜の舞。前作からでもこれはありましたが更にメガギャラドスになることにより、Aが飛躍的に上昇します。これによって、高い全抜き性能を誇ります。技構成が滝登り・氷牙・地震によって広い攻撃範囲と型破りによる浮遊や頑丈、マルチスケイル持ちのポケモンに打点が持てます。また、積み技を使用する上での天敵となる天然も貫通するのでたまに見かけるピクシーやヌオー(貯水も無効化)にも強く出られます。

性格はS135族のメガライボルトを1舞で抜く陽気で確定。Aは補正がかかっていないので火力を最大限に生かす為、全振り。それに加えてHBDに振り分けて完成です。正直、BDの振り方は個人の好みでいいと思いますが物理先制技を意識する為、B振りは欠かせません。耐久無振りでもかなり耐えられる子なのでメガギャラドスは心強い味方です。


育成論

【性格】陽気
【特性】威嚇→型破り

【持ち物】ギャラドスナイト
【技構成】滝登り/竜舞/氷牙/地震

【努力値】H36 A252 B12 D12 S196
【実数値】175-207-131-x-152-138

【備考】
*H:16-1調整
*A:全振り
*S:準速85族/最速73族抜き
一舞後→最速135族/準速スカーフ85族/最速73族抜き
*BD:端数


▼与ダメージ

滝登り:

無振りドリュウズが確定一発
B特化Hロトムが一舞滝登りで確定1発
207-170メガバンギラスが確定2発

氷の牙:

無振りカイリューが確定一発
209-115ガブリアスが一舞氷牙で確定1発
197-90ヌメルゴンが一舞氷牙で乱数1発 (12.5%)

地震:

無振りメガライボルトが確定一発
157-149FCロトムが一舞地震で確定1発
174-136ドータクンが乱数1発 (93.8%)

▼被ダメージ

A211ローブシンのドレインパンチが確定2発
A211鉄拳ローブシンの珠マッハパンチが確定2発
A244メガガブリアスの逆鱗が確定2発
A189バシャーモの飛び膝蹴りが確定2発 (威嚇込み)
A177メガガルーラの捨て身タックルが確定2発
C222メガゲンガー/C227メガフーディンの気合玉が確定2発
C205メガライボルトの10万ボルトが確定2発
C191メガフシギバナのギガドレインが確定2発
C197霊獣ボルトロスの10万ボルトが確定2発
C197霊獣ボルトロスの眼鏡ボルトチェンジが乱数1発 (25%)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。