スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギガインパクトメガガルーラについて

対面構築ってあるじゃないですか。「対面性能の高いポケモンで固め、1:1交換以上を狙っていく」がコンセプトのアレです。高水準な種族値に壊れ特性と名高い「おやこあい」、更には覚えられる技のバリエーションも豊富なメガガルーラってぶっちゃけ対面構築の要として組み込まれるために生まれたようなポケモンだと思うんですよ。

メガガルーラ

で、対面構築のもうひとつのコンセプトである「極力交代はしない」という点を考えると、主力技として既に定着しているすてみタックルよりはギガインパクトのほうが理に適っていると私は思うんですよ。

猫だましとあわせた場合の単純計算で、

ねこだまし(40)+すてみタックル(120)×タイプ一致=240
ねこだまし(40)+ギガインパクト(150)×タイプ一致=285

に。猫だまし→α攻撃が立て続けに入った場合、この差は大きい。

攻防ともにメガガルーラを例にした場合、意地っぱりA252メガガルーラ(すてみタックル)がH252メガガルーラを猫だましの追加ダメージがあってようやく倒せるのに対し、同条件のメガガルーラ(ギガインパクト)がその技だけでH252メガガルーラを9.5割の高確率で突破できる、といえばその違いが明確になると思う。

ただ、リスク面で言えばすてみタックルは反動ダメージを受けるだけで次のターンも行動可能であるのに、ギガインパクトは瞬間高火力の代償として1ターンのアドバンテージを相手に与えてしまう。下手をするとグロウパンチ等の積み技の起点にも成りかねない。

そのケアとして、この子の出番。
メタモン

第6世代でもあります威張るして→相手のAランク上昇をまるっとおいしくコピーする戦法。襷や先制のツメ、こだわりスカーフを持たせれば対面性能は上がるし、相手の技構成から型も把握できるまさに一石二鳥なアシスト役。

要するに、反動で動けないのをいいことに積み積みしてくる相手にはメタモンを投げ、身代わりを張ったり交代、回復技を選択してきた場合は突っ張って再度メガガルーラで殴ればいいんですよ。

ただまあ、察しのいい方ならもうお気づきかと思うんですが今回のギガインパクト採用メガガルーラにはメタモンのアシストが必須なので純粋な対面構築のコンセプトからはやや離れてしまうのがネックです。なので、あくまで「その技を採用した場合の対面構築寄りな対面構築」の1ピースとして一考していただければと思います。

ここまで淡々と理詰めで考えてきたような感じではありますが、本音はただ、

「ギガインパクト使えるメガガルーラってアリなんじゃね??」

って心の悪魔が囁いたのを真に受けて書いた記事です。考察自体は楽しかったです。

それでは今回はこの辺で。


補足:
通常、すてみタックルを主力技にしているガルーラは技の性質上、耐久無振り(AS振り)が多いですがギガインパクトを採用する場合は1ターン無抵抗で攻撃を受けるのを少しでも軽減するため耐久振り(正確にはHAベース)が最も適していると思われます。無抵抗ターンを乗り切ってもう一度殴れれば御の字です。

B特化クレセリアすら6割前後削れますので病み付きになりそうな火力があります。
末恐ろしいですね。
スポンサーサイト

ブログ再開

お久しぶりです。最後に記事を書いてからもう1年ですね!早いもんです。
ブログなんてもう完全放置ですよ。いや、というより終了してたんですけどね。

私生活のほうがようやく落着いたのでまたちまちま更新していこうかな、と。

ただ、今ブログよりいくつか変更点があるのでそれについて:

・ブログ名の変更「とあるゲーマーの電子記録」→「エナメルの書置き」
ブログ自体の方針は個人の考え、意見等をあんま深く考えずにぶっ放していく感じなので「電子記録」よりは「書置き」のほうがタイトルとしては合っているかと。

・HNの変更「ジョー」→「エナメル」
前回までのはブログと共に自然消滅しちゃったようなものなので思い切ってチェンジ。ちなみにエナメルってどっから思いついたの?って聞かれても覚えてません。

・机上論
「電子記録」では大体の育成論は実際に育成して使ってみたんですけど、ぶっちゃけ疲れました。なのでもうやりません。

・育成論を投稿した際のダメージ計算の簡略化
この上なく、面倒くさいです。できればやりたくないです。なので載せる際は必要なものだけ。

・くっちゃべり増加
筆者は多趣味系男子です。人生はポケモンだけが全てではないです。他のゲームも好きですし、やったりします。気分次第で何でも書きますが役に立つかどうかは保障できかねます。

・・・・・・こんなところでしょうかね。

大体、変更点を要約すると、
簡易版「電子記録」に切り替わったと思ってもらえれば差し支えないかと。

では、よろしくお願いします。

ブログ終了のお知らせ

こんにちは、こんばんは。管理人です。

タイトルにもあります通り、本日を持って当ブログの活動を終了することにしました。理由としては前回の記事で書いたのですが仕事や私生活で忙しくなり、現状ポケモンをする時間すらあまり取れない状況です。ブログの管理も難しく、時間的な余裕がありません。

ブログを通して知り合えたり交流できた方、お世話になったりコメントを頂いた方、記事を読んでくださった方など色々な人に支えられながら約2年間、続けてこられました。興味本位で始めた事ですがやって良かったと思います。

それでは皆さん、良いポケモンライフを。今までありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ


...全く関係ない話。なぜウデッポウはがむしゃらを習得できないんだ!
ランダムマッチで使えなかったじゃないか><

アクセス30000達成!

どうも、お久しぶりです。

最後の更新からかなり間が空いてしまいました。何してたんだこの野郎とか思う方、いるかも知れませんので一応言い訳を。2週間ほど前からメッチャ多忙でございました。就職活動に面接にその他諸々と息つく暇もないほどに。でもまあ、頑張った甲斐あって無事就職できました(わーい)

言い訳はこれで終わりです。次、本題。


アクセス30000突破しました!やったぜ!!


かなり前に気がついてはいたものの、前述の通り忙しくてなかなか更新できずにいました。こんな大した記事も書いてないブログに足を運んでくださる方々に感謝です。ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

これからもがんば…りたいと言いたいところなのですが、来月から仕事で忙しくなることが予想されるのと以前から今後のブログ活動について色々と思うところがあるので今は何とも言えない状態です。

私自身、このブログにはそれなりに愛着湧いてますしこれからも続けていければ、と思います。

それでは今回はこれにてノン。

2014年を振り返って

どうも、こんばんは。

つい昨日まで年末までにはあと一記事は書こう、書いてやろうと意気込んでましたが途中まで考えていた
育成論に不安点や納得いかない部分をいくつか見つけて放棄。そのまま今日が来てしまって今年が終わる直前で
タタタタタタ、と超高速でキーボード叩いてます笑。

此方は海外で年明けまであと12時間程ありますが、そんなことは関係ない!
自分はこれからも日本時間を基準に記事を書いていくぜ!!

と、こんな意気込みで丁度良い機会なので2014年をざっくりと振り返ります。
とはいえ、大部分が管理人の周りで起きた事ばかりですのでご了承を。


1-3月:
昨年の11月に購入したポケモンYにどっぷりハマってしまって、時間を見つけては厳選や育成に時間を費やしていました。
シナリオ自体は購入して1週間程でクリアしていたので1月の時点で育成環境は整ってました。とはいえ、乱数調整できないので
前作の個体で教え技がほぼ必須級の子は知り合いに頼んだり、別の方との交換で貰ったり。

とはいえ、ホラゲーもやりたかったりしたのでポケモンと平行してプレイ。記事にはしませんでしたがかなり人気があると
聞いていた「コープスパーティ」にも手を出しました。アナザーストーリーとはいえ、本編に関連する作品だったので
ああ、なるほど…と後々納得。アニメも観たのですが…正直グロテスク過ぎて内容についていけませんでした。
あれは自分にはハードでした。なぜ手を出したのだ…(トラウマにならなかったのが奇跡だと思う)


4-6月:
家族の方で仕事関連でゴタゴタが発生したので、一時期ゲーム自体と疎遠気味に。この頃にはもうポケモン熱が
冷めていたので引退というワードが頭の中で過ぎったり。当時、所属していたポケモンチームの方でもチャットに
顔を出す時間もほとんどない上に、安定せず。交流好きな自分にはかなりの痛手でした。

課題や家事に追われながらの毎日で正直、今年で一番辛い時期だと思いました。
でも、他に選択肢もなかったのでしゃーない、と割り切ってひたすらに時間が過ぎるのを待つ。


7-9月:
約一年程所属していたポケモンチームを自主退団。散々世話になっただけに申し訳ない気持ちで一杯でした。
書き込みする際に内容は頭で固まっていたものの、いざ指が動かせなかったりしたのは初の体験(冗談抜きで)。
そしてその後、すぐに退団を後悔する羽目に。自業自得とはいえ、罰の類にでも当たったのでしょうかね(苦笑)


ようやく生活が安定しだしたのでブログを通してまた育成論の紹介記事などを執筆。



10-12月:
他の方のブログをいくつも訪問して、ブログ更新が趣味に。とはいえ、流石に毎日更新とかは無理なのでペースを
上げる程度に留める。

世間がORASに移行する中、マイナーポケモンの配分を考えながら細々とYのロムで育成。オシャボ入りや
フル遺伝個体を用意したり。気分次第でXYリーグのレートにも潜ったりと楽しんだりしました。


……。


うーん、本当にざっくりですね。私生活の方はもう大丈夫なので年末年始はポケモンメインで過ごしたいと思ってます。
育成論や考察記事も考えていきますので来年も「とあるゲーマーの電子記録」を宜しくお願い致します。


それでは皆様、良いお年をお迎え下さい( ´ ▽ ` )ノ

訪問数20000達成!!

お陰さまで訪問数20000に到達しました!!
当ブログに毎日、足を運んでくださる方々に感謝の言葉を…

「誠にありがとうございます!!!」

ORASに移行していないので最近、更新が止まってしまってますが、
そのうち、教え技が解禁された6世代ポケの育成論でも考えようかなと思ってます。

新作に移行はしてないけど、グローバルリンクや対戦動画はチェックしてるんで、
使用率の高いNewメガシンカ個体はそれなりに把握できてる…はず(汗)

まあ、今のところはそういうポコモンは自分は使えないのでただの机上論に
なってしまうんですが、それはご了承頂ければ幸いです。

ではでは、また気が向きましたらどうぞ(・ω・)/

背景の色について

2週間ほど前に背景テンプレートを変更して再度、変更している管理人です。

飽きが来やすい自分としては定期的にテンプレを変えると決めてはいるんですが
前回の黒色は見事に大失敗。

今まであんな暗い色は選んだ事なかっただけに惹かれていたんですが、長時間見てると目が疲れるわ
別のブログ(背景白)に飛ぶとコントラストのせいで見づらかったりと。友人にも白い方が良いと助言を
頂いて速攻で変更した次第です()

とはいえ、毎回テンプレ選びで散々迷うので(今回も例に漏れず)決めるのに時間がかなり掛かりました。

やはり白背景+黒文字がメジャーなんですね。


リベリオンズ Secret Game 2nd Stage (感想:Bパート)

こんばんは。前回パートの続きです。
サクサク書いていきましょうかね。


[注意]ネタバレ盛大に含んでいるので知りたくない方はブラウザバック推奨!!

◆Bパート


メインキャラ:黒河、玲、真島
生存者:黒河、結衣

前回パートで活躍する場面の少なかったキャラにスポットライトが当てられた回。

主人公格の修平が序盤から春奈と行動したり、瞳が司の従者になったり、黒河が玲と組んだり、結衣が真島のカウンセラーになったりと予想外な展開多し。

しかしまあ、修平一行(修平、琴美、春奈)や悠菜&まり子が中盤であっさりと殺されたのはしっくり来ませんでしたね。両方とも前回では対立しなかった組同士だっただけに油断してました。でもって個人的に頂けなかったのは悠菜が銃弾で重症を負いながらもまり子に届けた抗生物質が当人の死亡により無駄になってしまったこと。司、空気読めよ…。悠菜が浮かばれんぞこれ…。

で、その司も充に道連れにされるんですが、これ以降の展開が熱いですね。まさか最終的に瞳vs生き残った4人の勝負に持ち込まれるとは。初音?充の後、瞳を騙そうとしたら返り討ちに逢いましたよ勿論。

炎上する廃村での最終決戦はテンションが上がりまくりです。瞳の戦闘能力が最高まで表現されたのは多分このパートですね。黒河、玲、真島、結衣(結衣は不参加)の4人が束になっても劣勢、ジリ貧になっていく一方。真島死す、玲も瀕死寸前、力なら全プレイヤー中最強クラスと思っていた黒河でさえ真っ向からの衝突で押されてましたからね。ターミネーター瞳、恐るべし。

最終的に不意打ちという形で玲が瞳を日本刀で倒しますが結局は力尽きて…。なんだかんだ言って黒河と玲にちゃっかり恋愛フラグ立ってたような気もするし、ギャグ担当もできる素晴らしいコンビだと思いました。玲の最期のシーンは不覚にも目から汗が…;;やばいやばい。

序盤~中盤はあんま突飛でたイベントもなかったせいか盛り上がりに欠けるなーと思ったら後半で一気に巻き返す。スタッフさん、お見事です。でもやっぱり全パートの中ではうーん、でした。

デスゲーム終了後、玲や真島の死に突き動かされて黒河、結衣が世間に公表しようとするもまたしても運営に妨害されるというオチ。

にしてもテロ活動にビル爆破とか…。黒河はやはり黒河でしたw

リベリオンズ Secret Game 2nd Stage (感想:Aパート)

どうも、こんばんは(=゚ω゚)
今日は更新しようと頑張ってみます。

少し前にPSP版『リベリオンズ』というノベルゲームをプレイする機会があったので感想なんぞ書いて見ます。ジャンルはアクション、サスペンスものです。数年前のソフトなので知っている方もいると思います。

パートは全部で4つで、各パートは修平が序盤で誰と組むかにより展開が全く異なります。

[注意]ネタバレ盛大に含んでいるので知りたくない方はブラウザバック推奨!!


◆パートA◆

メインキャラ:修平、春菜
生存者:春名、瞳

ストーリーの基盤となる第1パート。デスゲームの基本的な詳細などがある反面、今パートで伏せられる事実が多いのも確か。焦点は修平に当てられます。

序盤は琴美のお陰で穏やかだった修平が、彼女の死後、急変し、闇落ち。自分のクリア条件を達成するため容赦なく殺害対象に牙をむく。大切な幼馴染みの死亡自体はよくあるケースですが、琴美の死は衝撃的でしたね。

一方で、他のプレイヤーも続々と己の条件を満たすために行動を起こす。精神的に追い込まれて同じく闇落ちする初音や冷静に行動方針を分析する司、一人でも多くの命を助けようとする悠菜。

しかし、それでも次々と死して行くプレイヤー達。中でも名場面だと思ったのは司と驚異的な戦闘能力を持つ瞳との一騎打ちでした。チェーンソーを食らいつつも、玲に後を託すため、手榴弾で瞳に自爆攻撃を仕掛けるシーンは『凄い』の一言に尽きますね…。結果的に瞳は重症は負うものの倒せませんでしたが、ゲームスタート時から小生意気だった司の印象はガラリと変わりました。

物語も終盤、悠菜も設置されていた隠しモニター室で何者かに襲撃され、瀕死に。彼女の最期を見届けた時点で修平も既に本来の自分を取り戻しつつあった。おそらくそのせいでしょうね。今まで躊躇なく瞳を通して行ってきた殺人に歯止めが利いたのは。

瞳を騙し、睡眠薬で眠らせ春菜との最終的な対峙。序盤は全く想像がしませんでしたが、まさか彼女が実の妹とは…。血筋ですかね?兄に似てとても冷静で行動力のある妹さんです、はい。

結果はというとやはりお互いに殺し合いは出来ず、このままタイムアップなるかと思いきや今の今まで身を潜めていた大祐が現れ、修平に発砲。ほぼ瀕死の修平を無視して春菜に襲い掛かる。しかも厄介なことに大祐のPDAの特殊機能のせいで反撃できない春菜。だがそれでも大祐に発砲する修平。

『俺のPDAの特殊機能は、半径10メートル以内にあるPDAの特殊機能を無効化する、だ』

いやあ、あの時の台詞には痺れましたね。風が吹けば倒れてしまいそうな力尽きる寸前の修平。結局、大祐は自殺か他殺されるかの選択で自決。何とか唯一の肉親である妹を守りきり、達成感と共に死するお兄ちゃん。自分は涙腺が崩壊してしまいました(涙

エピローグでは故郷にて兄の墓参りでデスゲームの運営組織に復讐を誓う春菜。しかし、そんな考えはお見通しと既に運営に言いくるめられた瞳と黒服の男達が…。ストーリーは春菜が隠し持っていた特殊警棒で応戦するところで終わってしまいます。結末は…予想がつきますが。

バトルロワイヤル系ノベルゲームは今回が初めてだったせいか、個人的にはこのパートがかなり気に入ってます。これが本筋でもいいんじゃないかと言うぐらい。プレイしていてハラハラドキドキが止まらなく、目が離せない展開ばかりでした。

感想だけ書くつもりだったのになぜかストーリーも織り交ぜないと書きにくいというのがなんともorz
気が向いたら次回パートも書くと思います(もうちょっと省略して書くかも)

では今回はこの辺でノンノン。

ブログ一周年記念

どうも、こんばんは!

先日気がついたのですが当ブログ設立から一年が経ちました。本当は今月の4日がそうでした。
いや~。時間が過ぎるのは早いものですね。

ブログを建てた当時は、飽きやすい性格の私はそんなに長く持たないだろうと踏んでいましたが
見事に自分の予想を裏切っちゃいました!感無量です、はい。

ブログ活動を通して、様々な方と交流を持てたことを嬉しく思います。色々な方の意見や考え、
信念を知るのは興味深いことだと思いますので今後も自分の人生の糧としていきたいです。

それと最後になりますが今までここに足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。
これからも気が向いたら覗いていってくださると管理人は喜びます。

それではこれからも宜しくお願いいたします<(_ _)>

生存報告

どうも、お久しぶりです。管理人はまだ生きてますよw
諸事情によりかなり更新速度が下がってしまいました。

ポコモンはというとグループ内でのマルチバトル用に育成個体を
準備する程度しかプレイしてません。前々回辺りの記事で書きましたが
モチベーションが下がってしまった為ですね。育成論も新個体を
作る時にサクサクッと決めてしまうので深く考えずに、なんてやり方です。

なのでブログの更新を今後どうするか考えている次第です。
少ない更新ながらも今まで閲覧して頂いた方には感謝です♪

では短い文面になりましたが今回はこの辺でノシ。

訪問数10000を突破

というわけで訪問数5桁を記録しました。正直、ビックリしてます。
当ブログに足を運んでくださる読者さんに感謝です(^-^)

今月は更新ペースがかなりゆっくりですがリアルで色々と忙しいので、記事を書く時間があまり取れません。ご容赦いただけたらな、と。

どうでもいい話ですがそろそろ季節の変わり目ですね。

日本は春でしょうがこちらはもうすぐ秋です。ついでに近頃気温が下がって涼しくなってきています。私は暑いのより寒い季節の方が断然好きなので嬉しい限りです。

さて、挨拶的な記事になってしまいましたが興味をなくされなかった方がいましたら、今後ともお付き合い頂ければ幸いです。

ではではノシ。

レートについての近況報告

こんにちは、こんばんは。今回は雑記です。

数日前からレート対戦を堪能しております。第3期が始まってもあまり対戦意欲が湧かなかったし環境に合わせて新しいパーティを作るのも億劫なってましたが、育成済みの個体でそれなりのを作りました。現在は1600~1700台をうろちょろしてます。

なんといいますか、ポケ熱がやや冷めてしまってます。新個体を作るのは楽しいんですが、いざ対戦用PTを作ろうとすると冷めるといった感じですね。いわゆるスランプってやつでしょうかね。

今までに何度かスランプに陥ったことはあるんですがあれは厳しいですね。相手のパーティ見ても何してくるか読めないですし、先発や選出も絞りきれずに都合のいいようにされて乙になるパターンが多いです。もっとも、最近はようやくそれから抜け出せたようで良かったですが...(^-^;

使ってるパーティはまたいつか紹介するかもですがややテンプレ過ぎるのかあまりレートが伸びません。というかそもそも対戦楽しみたいだけでレートあんまり伸ばす気がないです。

前に知人から頂いたアドバイスなんですが、「テンプレ過ぎる構築よりも一体マイナー枠入れてるほうが相手の思考が鈍るので良い」というものです。まあ、確かにテンプレ通りだとそれだけ相手に読まれやすいというのが欠点ですしね。私も余裕があればマイナー枠を採用したりしてます。今まで使ったのはズルズキン、クロバット、ランターン、ドクロッグぐらいですかね。チョッキランターンも面白そうだしいつか作るかも。



それと5月中旬で第4世代、第5世代でのWi-Fi対戦ができなくなるのは悲しいですね。4世代はストーリー程度しかやりこんでませんがもう少し対戦したかったです。ドット絵とか気に入ってますしね(´-ω-`)

最後に対戦とは関係のない話をちょこっと。

知ってる方は知ってるんですが私の住んでる地域(海外)でもアニポケが配信されてます。たまに弟が見てるのを目撃したりして内心ポケモンに興味持ってくれて嬉しかったり(笑。どこまで配信されてるかっていうとイッシュ編の中盤あたりくらいです。かなり遅れてますが声優さんとか当然違うので新鮮な気がします。私は気がむいた時ぐらいしか(主にジム戦)見ないので途中から主人公の手持ちが増えてたりするとwkwkしますね。

海外アニポケでは初代(無印編)のオープニングテーマが好きです。スペイン語版ですが歌詞とかかっこいいので一度聴いてみてください。曲名は「¡Atrapalos Ya!」です。

では今回はここまでノシ。

今期レート終了まであと数日

どうも、こんにちは。

はい、レート終了まであと1週間ですね。12月中旬に始まったのに早いもんです。2期が始まった当初は記録が伸びやすかったんですが今では1800台で足止め食らってる状態です。パーティが環境に刺さってないんでしょうね、恐らく。

刺さってはいないとはいってもそれなりにメジャーポケ対策はしてますが原因は多分、メタを貼るよりも色々なパーティを作りたい願望に負けてコロコロパーティ変えてるのが敗因ですな。現にまだ紹介してないパーティが4つほどあります。はい、これ言い訳です()

ダブルも1700台でストップしてるしあんまりやってません。たまにハリテサマヨールトリパで潜ろうかなと思うんですがシングルを優先してしまう始末。トリプルも始めたとはいえ、まだ1500台なのに1400の人にボコられて戦意喪失したりして記録伸びない...(´・ω・`)

で、今私のグループではいわゆる地方統一大会というのを開催してます。まだ準備期間ですが厳選やら育成やらに追われて忙しいです。ちなみに自分はイッシュ地方統一ですね。個人的にシンオウが強ポケオンパレードなのに対してホウエンがマイナーばかりだけどアクの強いメンツ。イッシュはそれらを足して2で割ったような感じですかね。とりあえず総当たり戦ですし、頑張りますよ。結果も多分載せていく予定なので気を引き締めていきます(`・ω・´)

今期レートで2000行きたいけど難しいですね~ということを言いたかったんですよ、単に()
やや愚痴が混ざってますがご容赦ください。

次の記事は真面目に考えます<(_ _)>

お見通しや危険予知について

おはようございます。

題名にもあるとおり、特性「お見通し」や「危険予知」についての雑記を書いていこうかなと思い立った次第です。

つい最近までダブルをフレ戦でやってて思ったんですが戦闘時に相手の持ち物が判別できるお見通しは便利だなと思いました。私はトリパにサマヨールを使用しているので先発で出したときに相手2体の持ち物でアタッカーか耐久型か大体予想がついています。

もちろんこれはダブルに限ったことではなく、シングルでも同様の効果があります。しかもシングルの序盤はお互いに手の内が読みづらくリスキーな読みに頼った選択をしてしまうと仇となったり、悠長に壁を貼りに行ったら奇襲されて何もできないまま乙、ということも少なくありません。そこで読みのリスクを軽減してくれる「お見通し」による情報アドバンテージは大きいと思うのです(`・ω・´)

「お見通し」以外にも「危険予知」、「予知夢」また技「トリック」でも情報アドは取れます。が、トリックはメガ石による弱体化が大きく、下手をすると不発に終わりかねないのでやはりそういった特性持ちのポケモンが優先されるのではないかな、と。

XY発売当時に「お見通し」オンバーンが一時流行ったのもこれの影響でしょう。ただ紙耐久ゆえに今ではほとんどレートでは見なくなりました。ですが、耐久がありその特性を持っているポケモンなら他にもいます。サマヨール、ヨノワール、ムシャーナ、ナットレイなどがほんの一例です。

自分はかなり前から危険予知ナットレイを作ろうかなと考えてます。高耐久、優秀な耐性、しかし不意の4倍炎技が痛い子です。文字は割と多くのポケが覚える上に役割破壊的な意味で持たされる場合が多いです。それに加えて氷、草、超、妖のめざパ炎も油断できません。ですが、今作からは「危険予知」がめざ炎も読み取れることが可能になったのは追い風です。これで氷を狩ろうとしたら思わず返り討ちにあった…という想定外の可能性も防げます。鉄のトゲもいいですが地味に危険予知もいい…といった具合です。

「予知夢」についてもほぼ同様です。一番威力の高い技を把握できれば耐久調整を崩されることも少なくできます。ランダム効果で意外な技を読み取って思わぬ収穫、というのも起こりえますね。

まあ、簡潔に言うと序盤から得られる情報アドは重要ということですね、はい。

そーゆーわけで夢ナットレイ作ろうとしたら夢特性が進化後のLV40になるまでわからないという鬼畜設定…orz

さて、どうしようかな(-_-;)



@追記
今見たら何気にアクセス5000突破していたという…!
皆様、ご訪問ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします♪

新ルールにチャレンジ

こんにちは、こんばんは。今回はただの雑記を書こうと思います。

実はウチのPCがイカレてしまったので急遽別のパソコンを使うことになりました。かなり古い型だったんで多分年だったのでしょう。ネットブックからデスクトップのやつ使ってるんですごい違和感あります、はい。なんでこんなことになったんだーとか嘆いてます(笑

パソコンが変わったんで当然ブログのパスとかも入力し直しです。で、入ろうとしたら「パスなんだっけ?」という始末。ほんと移行ってのは不便です。

まあ、それとは関係ないのですがそろそろトリプルかローテでも始めようかなと思ってます。だいぶ前からやりたかったんですがシングルとダブル用のパーティ製作に時間を取られすぎたり…。まだまだ作りたいものはあるんですが今シーズンはできるだけ新ルールにチャレンジしてみたいというのもあるので恐らく先人たちのパーティを参考にしながらやろうと思います。構築とかどうすればいいかサッパリですしね()

ほんというとスペシャルレートもカロスダブルなんでやりたいんですが縛りルールが自分にはきつすぎて何作ったらいいかわかりません。これはもうちょっと先延ばしにするかも。

今回は記事は短めですがこの辺にしておきます。パルシェンの調整案考えたんで近々載せようと思います。といっても大層なものでもないですが…><

それではこの辺でノシ。

現状報告的な記事()

こんにちは。書くネタがなくて困っている管理人です(-_-;)

最後のヒードラン育成論の記事を上げてから少し経ったので雑記でもいいからブログ更新したいなぁと思い、とにかく書いてます。では、雑記というか現状報告をば:




①ダブルバトルなう

ここ数日、ニコ動などでイナズマ杯(タグで検索あれ)などを見ていてすっごくダブルバトルやりたくなったのでレート用のパーティを育成してました。中にはめざパ厳選という苦行(笑)もあり、心が折れかけましたがとりあえず完成し、ひたすらバトルしてます。今、現在は1600台で楽しくやってます(´∀`)

潜る時間が大体深夜~明け方近いのでほとんど海外勢の方ばかりです。潜った初戦からダークホールドーブルに驚かされました。BW2ではドーブルとは当たった事がなかったので今流行ってるのかなぁと思いつつも対策を考えてます。正直に言うと、自分もドーブル使ってみたいです。でもまたパーティ作ったばっかりなので当分はこのままですかね。

②ホラーゲーム再び!!

先週あたりからホラゲーを一本だけ見つけて時間ある時にプレイしてます。題名は「人食いさん」。廃校探索で謎を解きながらストーリーを進めていくアドベンチャーものです。探索してると突然、窓ガラスが割れたり、蛇口から血が出てきたりとドッキリ要素もあるのでなかなか楽しいです。こっくりさんやメリーさん、トイレの花子さんなどの脅かし役も登場して時にはバッドエンドも...。

そうバッドエンドです。個人的にはちゃんとレビューで紹介したいのですがちょっとお話するとバッドエンドの数が多いです。即死系もあり、選択一つでかなりヒドイエンドもあります。特に理科準備室にある胎児のビンを割った(余計なことしなけりゃいいのに)後に主人公が腹をグッサリ刺されるのは精神的にキツイです。2回目はもう見たくないですね...(;´Д`)

で、今は多分、物語の終盤の方にて謎解きをやっているんですが全くわかりません(´;ω;`)。何をどうしていいのか検討もつかず校舎内をウロウロしている有様。クリアできた人、ヒントくださいッ!!w

まあ、とにかく新年初のホラゲーも悪くないですし、暇がないですね~。


③バルーンポッピングとは

話をポケモンに一旦戻すんですが、グローバルリンクのポケマイルクラブにてアトラクションがオープンされましたね。洋服半額チケットは手に入れたんですがもうほとんど買ってしまっていたのであんまり意味のないプレゼントになってますです、はい。もう少し早く提供して下さい、ゲーフリ&任天堂さん()

肝心のアトラクションは努力値下げ木の実とか進化石、BPアイテムで買える進化アイテムがわんさか手に入るので嬉しい。ただ、高得点とっても地味な景品だったり、最低ランクなのにいいアイテムもらえたりと何を基準にランク付けされているのかがわかりません。これくじ引きみたいなもんですかね?だったらわざわざバルーン割る必要なくね?という考えに至っております。同じ風船(ピカチュウとか)を割り続ければ高得点!...というわけでもないようですし。

最後に気付いたんですがポケマイルをポイントアップで使い切ってしまってます。やばい、ミラクル交換で稼がなきゃ。一応、ポイアは前の記事でも書いたんですがトライアルハウスでも入手できるんでマイルポイントは必要不可欠というわけではないです。単に面倒なだけ。5戦もノーダウンでクリアするのには結構運もいりますからね。

はい、というわけで思ってること適当にダラダラ書いてみた記事でした。個人的にはこういう記事を別の方のブログを訪問する時に読むんですが面白い時もありますんでマネてみた次第です。何か他にこんな記事書いてくれとかご要望ありましたらお知らせください。考慮はしますので。

では長々とお付き合い頂き、ありがとうございました(・ω・)/

2014年も宜しくお願いします

またまたこんばんは!

いよいよ2014年がスタートしましたね。今年も色々なことがあると思いますが頑張っていきませう(`・ω・´)

ポケモンもホラーゲームも!楽しんでいきましょう♪

それでは宜しくお願いいたしますm(__)m


今年もお疲れ様でした♪

こんばんは!

6月に建てたこのブログも皆様のお陰でここまでやってこられました。本当にありがとうございます。読者さんも増えて嬉しい限りです(*'ω'*)

来年もポケモンやフリーゲーム系の記事を書くつもりなので楽しみにしててくださいね。

それでは皆さん、良いお年を(・ω・)/

ポケバンク一時配信停止

皆さん、おはようございます。

ポケモンバンクが解禁されたはいいものの、配信日から全くE-Shopに接続できませんでしたorz。そしてあろうことか、昨日、任天堂からのお知らせがあり、

「12月26日21時30分をもって、アクセス集中の緩和をはかるため『ポケモンバンク』の配信を一時停止させていただくことにいたしました。」

とのこと。


これは痛いです。バンクが第5世代→第6世代への唯一の移送手段だというのにサービス自体が停止になろうとは。移動させたい子がたくさんいたのにこれは正直、困りました。次の配信再開日がいつになるかわからないし...(゚◇゚)ガーンな状況です。

とにかく、バンクの早急な復活を待つしかなさそうですね...。

それはまあ、置いておいて。実は先日、スーパーシングルで100連勝果たしました!!




※カメラに不具合があるので画像載せられませんでしたorz

使った3匹ですが、前回のトライアルハウスの記事で紹介した鉢巻ガブオボンマリルリメガハッサムです。大抵は先発のガブが一掃してくれるので試合時間が短くて助かります。しかし、バイバニラやグレイシアなどやたら氷タイプが出てくるのがキツイ...^^;

というわけで次は200連勝目指します!!(`・ω・´)

アクセス2000突破!!

皆さん、こんにちは&こんばんは!ポケバンクももうすぐ解禁な今日この頃、如何お過ごしでしょうか?

当ブログはお陰様でアクセス2000に到達することができました。たくさんの方々が記事を読んでいらっしゃっている事、誠に感謝致します。そして、とても嬉しいです(*'ω'*)

このブログを立ち上げた今年の6月はワクワクと不安がありました。ワクワクは自分の書いた記事をもしかしたら読んでもらえるという反面、読んでもらえないかもという不安でした。ですが、日々少しずつですが訪問してくださる方、拍手してくださる方、コメントしてくださる方などの励みがあってここまでこれました。本当に感謝感激です♪

アクセス2000になったら何か配布しようと思っておりましたので、ささやかですが孵化余りを提供しようと思います。需要のある方、欲しい方はコメントにてお知らせして下されば時間の合う時(平日は基本夜)にPSSにて交換致します。

尚、孵化余りには限りがありますので先着順で承りたいと思います。在庫がなくなり次第、提供欄から外していきます。ちなみに交換に出していただく子は何でも構いません。

それでは今後とも「とあるゲーマーの電子記録」を宜しくお願いします(・ω・)/


孵化余り(全て4V個体です)

●意地っ張り力持ちマリル(腹太鼓、アクアジェット遺伝)
●陽気夢ウリムー(氷柱針、氷柱落とし、ステルスロック遺伝)
●意地っ張りスキルリンクシェルダー(氷柱針、ロックブラスト遺伝)
●図太い夢ニャスパー(あくび、猫の手、トリック遺伝)
●意地っ張り根性ヨーギラス(竜舞、追い討ち、ステルスロック遺伝)
●意地っ張り威嚇クチート
●控えめ逐電チョンチ-
●臆病お見通しオンバット
●図太い夢ヤドン
●意地っ張りダンバル



最後にコメント(笑

ご察しの方もいらっしゃると思いますが最近全くと言っていいほどフリーゲームをやっていません。ポケモンにほとんど時間を費やしています。でも、たまにはホラゲーもやりたいですね(〃ω〃)

幻想か現実か

おはようございます。管理人のJoです(・ω・)/

ポケモンの新作発売まで残すところあと1週間ですね。首を長くしている方も多いんじゃないでしょうか。あと少しの辛抱です、頑張りましょう(ry

さて、今回は何時ぞやの記事で紹介した「ひぐらしのなく頃に」の生みの親である07th Expansionの次回作にあたる「うみねこのなく頃に」のレビューです。




とりあえず最終話まで見た感想はというと、

「グロ怖い!」

の一言に尽きます。いや、マジで。

孤島の六軒島にて幾度となく繰り返される惨劇の数々は見るのに精神力を削られます。管理人はグロイの苦手傾向があるので正直、直視できない殺人が多々ありました。一部モザイクのかかる程、と言ったら想像がつくでしょうか?

やはり前作通り、島の住人がほぼ全員死亡したあともパラレルワールドの如く、また新世界にて同じ末路を辿る、という悲しき展開。序盤からでは全く先の見えないストーリー。そして島に住まう魔女の恐ろしい儀式。見ていて怖いです^^;

しかし、一方で魔女の仕業に似せた大量殺人をどう主人公が人間による殺人事件として説明していくのかがこの作品の面白さであります。一見、人間に犯行不可能な密室殺人や惨殺を一つ一つの手がかりを元に魔女の存在の否定を続けます。そしてその様は典型的な推理ものとは別物。まさにミステリーです。

管理人も推理に挑戦してみましたが途中からサッパリわからなくなりました。ミステリーだけでなく、ファンタジー要素もあるので尚更難しいです。今時にしては珍しい作品の一つと言えますね。

ちなみに前作のキャラも数人登場するのは嬉しいような、そうでないような…(笑


ホラーアニメの定番?

どもです(´・ω・`)ノ

いよいよ9月入りですね。皆様、如何お過ごしでしょうか?

私はポケモン→ホラゲ→ポケモン...という謎なサイクルを唖然として回しています。フリゲーはなかなか面白いのが見つからず困ってますけどね(ry

で、暇つぶしにゲームじゃなくてホラーアニメ見てみるか~的な思考でネットをサーフィンしておりますと「怖かった」「トラウマになった」などのコメで定評のあるものを発見しました。

はい、「ひぐらしのなく頃に」です。



かなり前の作品で知ってる方も多いと思うので紹介は抜きで感想だけ...(ゴソゴソ)

第一編から見始めたわけですが、

「マジで怖いわッッ!!」

まあ、そりゃそうですね。一見、平穏な村で静かな生活を送ると思っていた主人公がバラバラ殺人事件を知ったのをきっかけに周りから命を狙われるようになるし、奇怪な出来事は起こるしで謎な部分を多く残したまま死に至りますしね。ナンデスカコレハって思いますよ。

で、次章から更に時間を撒き戻されたかの如く復活したと思ったら祟りだの鬼だのと友人から脅迫や殺傷を受け、また死亡するし。訳わかんないですな、はい(ry

まあ、その後は段々と物語の構成が分かってきて怖さよりもミステリアスな展開に惹かれて鑑賞しますた。怖い→興味深いの転換が上手い作品ですな。その後の手がかりが序盤の謎を解く鍵になるのでようやくストーリーの本質がわかっていく。一種のパラレルワールド説も絡んでますしね。

いやぁ、ホラーもの見つけたつもりがこんな掘り出し物に出くわすとは......恐れ入りましたm(__)m

夏を締めくくるには最適な作品かと思いました。といってもこれからもホラーものは物色しますがね。

ご存知でない方がいましたらぜひ見てみて下さいな。暑さなんて吹っ飛びますよ!!

ほのぼのアニメ鑑賞

 やばい。最近「サーバント×サービス」が面白い!!





管理人は原作を読んでいないので区役所を舞台としたアニメが凄く新鮮に感じられます。ほのぼのとした空気の中で繰り広げられる日常コメディが何とも言えませんね。半ば興味本位で見始めましたが今では毎週見てますです、はい。

最近では課長がうさぎのぬいぐるみ、一宮と千早の関係、三好と田中おばあさんの孫など急展開が多く見受けられますので余計に目が離せませぬ。

ツンデレな塔子も可愛らしいけど、何を考えてるかわからない千早も一言多い三好もキャラ的に好きです!ほのぼのコメディ最高ですね(〃ω〃)

EDテーマの「ハチミツ時間」も和やかな雰囲気が出ていてかなり良い曲です!

今季は他にもいい作品がありますので皆さんもこういう作品で癒されてみてはどうでしょうか??

ポケモンと私

先日、部屋を整理してたら懐かしいものがぞろぞろ出てきました。なかでも一番興味をそそられたのは小学生の頃から使っていたGBシリーズとポケモンソフトです。

GBとポケモン 

感想:懐かしいです(ry)。特に真ん中のGBポケットとの付き合いはほんと長いです。赤、黄、それに金銀が発売された後でもこの子でプレイしてましたから。DSとは違ってバッテリー残量少なくなると予告無しに電源切れたりする仕様とか。でもめっちゃ軽かったんで外に持ち運びする際にはすごい便利でしたね。

アドバンス(左)とカラー(右)はほぼクリスタル専用のハードでした。まあ、あの頃はソフト内のポケモンに色がついただけでもかなり違ってましたので。しかもクリスタルで初めてポケモン出現時に動作が加わったので素直に嬉しかったですね。グリーン(真ん中)は今でもベストパートナーのGBです。絶対手放しませんよッ!!

赤バージョン

で、赤板。これが私とポケモンの出会いでしたね。

発売された当時はCMで見ただけで特に興味はなかったんですがその1年ぐらい後、同級生たちがみんなやってる、というので興味本位で試し買い。1日後、即ハマリました。

それからはというもの、毎日がポケモン三昧でしたね。男の子も女の子も(時には先生方も?!)共通の話題で盛り上がりました。今、考えればブームの時期でしたし、グッズも(今に比べて少ないものの)かなりのバリエーションがありました。トミーのマスボ入りリザードンやカメックスのフィギュアも買っちゃったり。

でも多分、一番喜ぶべき事だったのは女子ともポケモンの話題で仲良くなれるということでした。私も何度か外にゲームボーイ引っ張り出して、交換やダンジョン攻略の手伝いとかやってました。御三家:マダツボミなんていうレート不釣合いな交換もやっちゃったりしました。自分は緑版買わなかったのでマダツボミ手に入って嬉しかったですけど。あの頃、ポケセンがあれば多分、友達と毎日行きたがったでしょうね(笑)

ちなみに私が選んだ最初のポケモンはゼニガメでした。ヒトカゲとどっちにしようか相当悩んだんですけどね。赤板選んだのは単純にリザードンのパッケージがかっこよかったからのになぜゼニガメ?というと水タイプ安定してそうだったというのが理由。タイプ相性なんてこの時あまり知らなかったのに結構当たってたなぁ、なんて。これが私の無邪気な小学生時代でした(ry)

皆さんはポケモンとどのような出会いがあったのでしょう??

閲覧ありがとうございます

こんば……うおッ?!気がついたらカウンタが3桁行ってました♪
閲覧して下さる皆様、ありがとうございますm(__)m

でもそろそろペースダウンしないとネタが尽きs…(ゲフンゲフン!)なのです、はい。ここまで1日2回更新とか、ぶっ飛びペースでやってきましたからね(笑)。そろそろ羽休めもいれないと、マジで。

ちなみに今日気がついたんですけど、XY初登場のシシコ、フラベベ、コフキムシなど公式サイトで更新されてましたね。はい、気がつくの遅いですw何気なくネットサーフィンしてたら600族が+2匹されると言う情報も耳にしました。ガセかまではわかりませぬが。それよりフライゴンのタイプを地面/ドラゴン→虫/ドラゴンにして欲しいと思いますです。種族は精霊だからフェアリータイプに変更というのもアリじゃないでしょうか?ゲーフリさん、不遇なフライゴンを救ってあげて!!

あとは過去作までと違って5人でわいわい一緒に旅する…ぽいです。うーん、個人的にはぶらり一人旅の方がいい気が…(ゲフンゲフン)。まあ、通信機能のPSSやバトル環境には期待してますけどね。

早く新作発売されないかな。待ちきれナーイ!

早く来い来いOctober!O(≧∇≦)O


フフフな歯医者さん

行ってきました、歯医者。日付変わったので実質昨日ですけどね。

待合室で好きな曲聴きながら時間潰し。結構待たされました。いや、予定より早く着いてしまったのでこれは仕方ないが。

ようやく診療室に通されて、椅子に腰掛けて、

「さあ、デッド・タイムの始まりだ!耐えてやるぜ!(震え声)」

と意気込んでみたはいいもののこの女性医師、道具を持つなり息遣いが荒くなった(興奮)んですよヾ(・ω・`;)ノ

な、なにこの人!マッド・サイエンティストですか!?そうなんですか!!?

マジでそう思いました。今までこういう狂気染みた人は見たことがなかった(傍から見たら)ので終始大人しくしてましたが生きた心地がしなかったです。

最後はにこにこ顔で見送ってくれましたが精神的に削られた気分でした。しかも、診療終わってないのでまた行く事に。

あ~もう、歯医者行くのってどうしてこうも疲れるんだぁッ!!



振り向けば…ゾンビ!?

皆さん、サバイバル系アニメってどうですか?私は好きです。中でも結構好きなのが「学園黙示録-High School of the Dead-」ですね。

「学園黙示録」は突然、人がゾンビと化して人を襲い、更にその人がゾンビになるというアニメです。そうやってどんどんゾンビ化が進んで世界がパニックになっていくというストーリー展開。その中で藤美学園に通う少数の生徒達が協力し合いながら生き延びていきます。

まんま「バイオハザード」ですね、はい。でもこれが面白いんですよ。



小室孝(こむろたかし)達一行は秩序の崩壊していく世界の中でゾンビと戦いながら、先の見えない明日の為の戦いに身を投じます。脱出劇あり、恋愛あり、友情ありのアニメですね。血生臭いのでそういうのが苦手な方は要注意ですかね。まあ、自分もそういうのはちょっと苦手だったり…^^;

ゾンビが町を徘徊するようになったらこういう感じなんでしょうね~。そうしたら無人島へ逃げます、はい。ゾンビは泳げないので(笑)。というか、想像できんw

第1期の終盤では家族の安否を確かめる為、再出発しますので続きが楽しみですな。2期もアニメ化されないかな。

そして孝達を待つ運命とは…?そしてゾンビが彷徨う町でどうやって生き延びる…?



……。

余談:それにしてもこのアニメ、美人キャラ多いですよね~(笑)


挨拶

こんにちは、初めまして。

今日からゲームや雑記などを書かせて頂きたいと思いますので
宜しくお願いします。

たまに変な事も書いちゃうかもなのでそこはご了承を(〃ω〃)ムフフ…

ちなみに主はポケモンやホラゲー好きなのでそれらを中心に記事をまとめていこうかな
と思ってまする。

それでは書き書き…と。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。